2005/ 6/ 4土


早朝

自転車漕ぎ中、 雨がぽつり ぽつりと落ちてきて

がびーん 止んでほしいなぁ…という願い空しく あっという間に大雨に。

気温の割りに少し寒さを感じ、それと食事中に 物を飲み込む際にちょっと咽喉に

痛みを感じたので、風邪引きかけぽいから気を付けねば…と思って居た矢先、全身冠水。

身体を冷やしたくないので糖質燃やしながら急ぐ。


(左図: 図の上から下へ向かって筆者の走行ラインを示す)

左カーブ中の十字路に差し掛かり、信号は
青、そして

高い塀で死角となっている路地から ゆるりと車が出て来て

(←この時の筆者と車の地点を共に緑色で示す)


その車は
(赤信号なので)一旦停止したかと思うと、何故か発進し、(黄色で示す)

筆者は迷う間も無く反射的に全開!で回避コーナリング、

車のフロントが自分の左リヤに当たるか?

ギリギリセーフ!!

がしかしこれで対向車線に飛び出してしまって居るので、次!前方は?!

セーフ、前方の車(オレンジ色で示す)はスローダウンしてくれていた。


前方の車に手へ上げて感謝の意を示しつつ元のレーンへ復帰。

当たらずに済んだ。



雨は、家に着く頃にぱったりと止んだ。


 家でシャワーを浴びながら考える。


1台目の 路地から出て来た車に対しては、自分は以前の経験の御陰で 身体が反射的に反応し 回避したが、

あのドライバーは信号云々の前に 十字路へ入る際どこを見ていたのだろう?


2台目の 対向車線へ飛び出した際の前方の車に対しては、当たるか否かはその車のドライバー次第だった。

もし飛ばしている車だったら激しく正面衝突して死んだな。

今こうして自分が普通に生きているかどうかは 少しの違い次第 だと云う事が なんだか不思議な感じ。

とにかく、あの2台目のドライバーに感謝。


少しの差で、色々と胸に秘めたままこの世から消滅するところだった。


---


前回の就活の時の・・・ あれから まだ半年 しか 経っていない事に気付いた。

同じ時間でも、喜びは短く、苦しみは長々と感じるものとあらためて思う。








HOME Diary Next