2005/


10/18火 愛猫の命日。 3年が経った。
感覚としては3年しか経っていないという感じ。 あれから沢山色々な事があった。
am 2:30頃 ベッドを背にして座り アルバムを見る。






10/23日
1996年から9年間もの長期間、白いキーボードを使ってきたが、
最近になって光の反射が気になってきて、黒いキーボードを買う。
新旧のキーボードを並べて比較してみた。
左側が新しく買った黒色。右側がこれまで使ってきた白色。
早く黒いキーボードへ変えれば良かった。
何故今まで光の反射が気にならなかったのだろう?
目を保護する為に、視界に入るものは全て艶消しの黒色にしたい。



10/24月 失敗した。
前回の心療内科で薬の残量を伝える時に計算を間違えたのか、
抗鬱薬のルボックスを切らしてしまった。
次の予約は金曜日。これからの4日間、ルボックス無しで生きなければならない…


10/25火 夕方、15分程走って入浴。風邪が悪化。
身体のダルさ、喉の痛み、関節の痛み、寒気、 気持ち悪さ等… だいぶ辛くなる。
回復食を摂取。牡蠣、湯豆腐+長ネギ少々、チーズ、ブロッコリー、
蜜柑2つ、アセロラジュース、ウーロン茶。 無事適量で食べ終わり、脱出成功。助かった…。
FIAの提案する左右分割リヤウイングの実施を阻止できないかと考えていて、
良い案を思い付いてメモに描き留める。


10/26水 眠って起きる度に、風邪は悪化の一途。
だる気、頭痛、ふらつき、寒気、吐き気。 果たしていつ治るのか。
ウイルスと闘う為には平熱以上の体温が必要との事だが、
自分は10代後半頃からか風邪を引いても発熱しない。
今の具合の悪さは、発熱できたとしたら多分39度位だろうか。
具合の悪さから精神面がやばい。心が弱っている。やや錯乱ぎみ。
4日間ルボックス無しで大丈夫だろうか?
こんな状態で金曜にどうやって病院へ行こうか…

それなりに眠れたが悪夢漬けだった。もう何回死んだ事か。
一日の内に見た夢で死んだ回数の最多記録を更新したかもしれない。
薬物多量摂取、複合事故、剪断、多量出血。 もう疲れた。

体内の風邪ウイルスを少しでも減らす為に飲んだ緑茶のカフェインの所為もあって
夜は全く眠りに入れず、
ベッドの暗闇の中で風邪の酷い症状と鬱の苦しみから少し泣きながら唸される。
気分的に飲みたくなかったが 仕方なく起き上がり、眠剤を飲んで寝た。



10/27木 よく眠れた。 pm 2時頃に目覚めた。
夢も1回位しか死なずに済んだ模様。
しかし自分のサイトの掲示板をチェックしたところ、

-------------------------------------------------------
(無題)  投稿者: tw  投稿日:10月27日(木)04時24分18秒

 眠剤と酒と両方入れた。あー眠剤残り全部飲もうかぁ

-------------------------------------------------------

と書き込んで有ったので即行削除した。
酒を呑んだ記憶は無いが、ドラフトワンの空き缶が4つ有った。

夕方食事。これだけ具合が悪くても過食症は影を潜めない。
仕方なく12分ウォーキングして入浴、何とか帰還。



10/28金 とても眠いが、心療内科の予約があるので起きなければならない。
昼の12時頃起き上がる。
食事。時間が切羽詰った時は過食症に克ち易い。適量で済んだ。
電動歯ブラシがトラブった。予備を出す。それも壊れた。
腕時計が止まったのを忘れていた。風邪を引いて忘却していた。
体力が無くフラフラと自転車を漕いで病院へ。

いつも25分の道程を45分程かかった。
病院内に自分の風邪ウイルスをばら撒くといけないので自主的にマスクを着用しておく。
医師はいつもは薬を出すだけで あまり話さず直ぐに帰そうとするが、
今日はかなりしんどそうなのを分かった様子で 少し話す時間をくれた。

自分は、普通の人達の無尽蔵な精神力が理解できないと伝えた。
何故、辛い事を頑張ろうとできるのか。

医師は、今の世の中は 外交的でテンションの高い人達が得をする社会になっている。
その代わり そういう人達の言動は少し軽率に成る場合もある。
内向的な人は 今の社会では損をしている。
その代わり 自分と向き合い 自分を知る事が出来る と話す。

薬局の爺さんへ、薬と酒を両方飲んで起きる事について一言訊いたら、
延々と話しをされた。 具合が悪くて早く帰りたい事に気付いてもらえない。
聞き終わってみたら内容はほんの一言で済む事だった。

帰宅。4日ぶりの抗鬱薬を飲む。食事を摂る。
想定通りに身体の具合が悪くなってきて眠い。
でも、今日は何とか抗鬱薬をGet出来た。


10/29土 mixiで、
自分は今の社会が憎い.
多くの人が病む為にこの世に生まれてくるなんて狂気の世界だと思う.
という話をする。

ネット上には少し知り合いが出来たが、
しかし今 現実に会える友人知人はもう一人も居ない。



  Home   diary   next