2008年
6/16月

ラジオ bayfm「GROOVE FROM K・WEST」(19:00〜19:49)、

流山おおたかの森S・C 3FスタジオK・WESTより公開生放送に伴ちゃんがゲストで登場。勿論観に行く。

放送開始の30分くらい前にスタジオに着き、最前列の席をGet。

伴ちゃんが出演したのは19時33分から19時47分くらいの14分程。

ガラスは無く、直に観られた。 距離は5メートルくらいか。

伴ちゃんは流山に早く着いて、バッティングセンターを見つけたので打ってきたとの事。120km/hとか。

伴ちゃんの髪は綺麗でゴールドに輝いていた。



6/29日

池袋駅から徒歩数分の専門店街アルパのB1階、吹き抜けの噴水広場にて

15:00〜15:30に伴ちゃんのライブイベント開催。 勿論、今回も観に聴きに行く。

15:20頃会場に到着、既に整理券の配布が終了した後で、後方からの立ち観となった。

B1階満員、吹き抜けなので上の1階も満員、2階はぼちぼち。日曜なので人が多い。

15:09頃伴ちゃん登場、人の頭の隙間を縫って何とか伴ちゃんの顔が観える程度。もっと早く来れば良かった。

伴ちゃんまでの距離は十メートル程度だろうか。それにしても何て美人なのだろう。

伴ちゃん、DoAs時代のファンクラブ・イベント以来のギター弾き唄い。

ライブの最中、嗚呼 今自分は幸せだな。とあらためて思い感じてみる。

4曲やって少しトークがあって15:30に終了。

帰りにはトヨタのアムラックスに寄った。此処はまた今度あらためてじっくり観に来よう。



7/11金

15時位から23時位くらいまで発泡酒を飲みながら低カロリーの物を延々喰べてしまった。

これが自分のストップできない病。重病。

医者からは酒は飲むなと言われていますが何か。


そして太りたくないので深夜に久々にウォーキング。

途中少し休憩しつつも計 1時間40分歩いた。



7/12土

今日は超久々に「F1速報」誌を買った。

自分は生粋のF1ファンである割に、日頃レース誌をほとんど買わない。

その理由は、レースを取り扱っているメディアの人間は技術面の記事をあまり取り上げず、
たまーに取り上げる事があっても、その内容はレースチーム関係者から取材して得た話を元に
後は想像で書き上げたもので、且つ、文力もプロと云えるか疑問なもので、
例えば私が既に理解しているメカニズムについて書かれた記事でも読んで居ても
書き手の言いたい事を理解するのに相当読解力を必要とされる事も多いというのが現状だ。
これでは読み手が新しいメカニズムについて綴られた内容を理解するのはあまりに難しいし、
その前に読む気が萎えてしまうだろう。

今回は現在F1界で流行中のイナーシャ・ダンパーについて一応真面目に書かれていたもの
だったので購入した。文力不足の問題は相変わらずだったが。

ちゃんと技術面の記事を取り扱っていれば自分は本を買うし、
他にも多く存在するマシンの技術面に関心のあるレースファン達も買う筈だ。

自分が以前、直接会って話をしたレース誌の編集室の人間は、
とにかく赤字にならない事に戦々恐々としていたが、
売り上げを伸ばしたい気が有るのならば、今回の様に技術面の記事も取り扱うべきだ。
レース誌の編集室の人間が誌面の内容をドライバーの闘いと日本関係の活躍を中心として取り扱っている限り、
これからも購買層が増える事は無いだろう。

自動車レースの本質とその中核は、自動車の技術開発力の競い合いだ。
ドライバーの闘いはレースシーンの一部分に過ぎない。
メディアの人間はもし真摯な心を持っているのならば、伝えるものをニュートラルな感性で取り扱うべきだ。
レース・メディアの人間は現状打破しようと奮起しない限り、
恒久的に続くであろう赤字の恐怖心から逃れる事は出来ないだろうし、
レース・ファンへ歪んだ感性で綴られたレースシーンの植え付けを続ける事になるだろう。



8/16土

1994年にフジテレビで放送されたドラマ、「17才 at seventeen」のロケ地の橋へ行ったと昨年の日記で書いたが、

先日、mixiの17才コミュでそこは違う橋だと指摘され、再度調べ直して8月10日に車で行ってきた。

正式名称は八幡橋。写真はこちら


この橋への行き方は、まず「地図サイト MapFan」で駅名をクリックして、高坂と入力して駅をMAPに表示させる。

そこから南下して、越辺川の最初の橋「高坂橋」へ辿り着き、(ここを1つ目の橋と数える。)

地図を2クリック拡大表示させて、越辺川に沿って東南へとスクロールして行って、

5つ目にある、白金工業の近くの「八幡橋」が17才の橋だ。


初めて来るのに懐かしく観慣れた光景。 14年後の今。

第2話で橋の上を通る軽トラックと同じ車輌が、今、目の前で同じ橋を走り抜ける奇跡。

ずっと此処から離れたくなかった。 此の橋は地球が滅亡するまで永遠に残してほしいと切に願う。



8/18月

8月15日に埼玉の、池が在って鳥が住む公園に行って来た。







←↑結構綺麗な所なのでロケ地等に使えるかもしれない。↓



↑これは今日、8月18日の白にゃん。

ごろんごろんとして毛繕い中。。。







8/21木

今日は Avril Lavigneのアルバム「Let Go」と、

母用の拡大鏡(ルーペ)を近くのデパートで購入。

自分は省資源化の為に買い物の時にはMyバックを持ち歩いている。

商品の購入時に、店員へバックを見せて、包装や袋は要らないと伝え、

シールだけ貼ってもらってバックの中へ入れて持ち帰っている。

例え小さな事でも、もし世界中の皆が行えば壮大な省資源化に繋がる。

自分は普段から不要な電力は極力使わない様にしているし、

水や資源を大事にしている。

自分は未来の人達の為に 省資源・省エネ化に勤めたい。


8/25月

先日の8月15日頃からダイエットを開始した。始める前の体重は69kg。
今日、8月25日の体重は65kg。10日で4kgも痩せた。
ジーンズのベルトの穴が5つも減った(!)。

ダイエット方法は、食事制限と酒をやめた事。
朝食200kcal+夕食350kcalで1日550kcal程にした。

あと、以前は1日に発泡酒を8缶くらい飲んでいたので
酒をやめた効果も大きい。当たり前か。

朝食は起床30分経ってから摂り、その内容は、
コーンフレークをちょっと食べ、グレープフルーツジュースを一口、
キャベツをそこそこ食べて、母お手製の低カロリー・豚肉ミートボールを2つ、
そしてアクエリアス・ゼロとウーロン茶を少し飲む。これで計200kcal程。

---
【朝食について】
コーンフレークを摂る理由は、身体に必要な栄養素を得る為。

グレープフルーツジュースを一口飲む理由は、
キレート効果と言ってミネラルを摂取した際の錆び止めの効果がある。

豚肉ミートボールを摂る理由は、糖分の代謝に必要なビタミンB1を得る事と、
身体に必要なタンパク質を得る為。

ミートボールを食べる際にキャベツを食べる理由は、
陸上系の動物の肉を食べると血液がドロドロになるらしく、
しかしキャベツやブロッコリーのアブラナ系の野菜を一緒に摂る事で、
血液のドロドロ化を防ぐ効果がある。と信用できそうなテレビ番組でやっていた為。

ウーロン茶を飲む理由は、体脂肪を微かに血液へ流出させる効果があるらしい為。
ただしウーロン茶は胃に良くないらしいので、アクエリアス・ゼロを飲んで薄めている。

尚、食事の際にはあまり水分を摂らない方が良いと専門家が言っていた。
その理由は、摂取した食物を消化するのに必要な胃液が薄まらない様にする為だと云う。
その為、食事の際にはあまり飲み物は飲まない。
---

そして日中は、夕食までの間に水分をたくさん摂取する。これは代謝に必要な為と、
当然の事ながら水分は身体に必要不可欠な為。
---

夕食は、タンパク質とキャベツを摂取し、それと朝食と同じ内様の飲み物を飲む。
タンパク質を摂取する理由は、タンパク質は身体を作るのに必要不可欠な為。
特に眠っている間にタンパク質が身体を作る。その為、夕食にタンパク質を摂る。
ただし自分の場合ビタミンB1を摂取したい為に豚肉を食べている為、
血液のドロドロ化を防ぐ為にキャベツを一緒に食べる。

豚肉のみだと栄養が偏る為、たまに豚肉の代わりに鮭とホウレン草も食べる様にしている。
---

ここ2日くらい体重の減少が止まった。明日以降 減るのかチョット不安。
やっぱり運動もしないと駄目なのかもしれない。
減量の目標は、昨年までの体重の46kg。 目標達成まであと19kg。
---

現在、室内で行っている運動は、腹筋30回と、鉄アレイ回し。
腹筋は、お腹をヘッコませる為。
鉄アレイ回しは、KARTに乗るのに必要な筋肉を維持する為。KARTのステアリングは重いのだ。
1つ5kgの鉄アレイを両手で計2つ持って、空中ステアリング回しを連続、往復100回行う。
尚、鉄アレイ回しを行う前後に、柔軟運動とストレッチを行う。これは筋肉を傷めない為。

そして、筋トレは必ず食事前に行う。
筋トレで痛めた筋肉を摂取した食事で速やかに回復させる為だ。
筋トレを行った後に食事を摂らないと、筋肉はただ痛んだだけの状態となる。
---

何故か解らないが、とにかく酒をやめられた。大変良い事だ。

だが1日550kcalしか摂取していなので体調が良くない。(当たり前)
普通、成人男性が健康でいる為には1日1400kcal程が理想だ。
1日900kcalを下回ると具合が悪くなる様だ。

1日550kcalがいつまで続くのか判らないが、とにかく痩せたいと思う。
1日550kcakでもホームページをもの凄く更新できている。恐らくダイエット・ハイの状態なのかもしれない。

尚、食事量を減らすと、身体が食物を吸収する能力が上がる為、
ダイエット途中で食事量を元に戻すと一気にリバウンドする。
食事制限を1ヶ月間行えば、身体は「これくらいのカロリー摂取量で良いのか」と思い始め、リバウンドしなくなるらしい。
なので1ヶ月間 食事制限を継続しなければならない。

以上、ダイエットについて解説と中途報告。現在65kg。



8/31日

昨日は、Do As Infinityの復活に立ち会う為に avexの a-nation へ行って来た。

前日の29日には23時半頃に眠りに入ったが、テンションが上がってしまって居て am 3時半頃に目覚めてしまった。

今年の東京a-nationは味の素スタジアムで開催された。

アクセスは、新宿駅の京王線に乗り、調布駅で各駅停車に乗り換えて、飛田給駅で下車、会場まで徒歩約5分。

開場12:30、開演14:00、20:45頃終了。

出演アーティストは、安室奈美恵、hitomi、鈴木亜美、奥村初音、DJ OZMA、東方神起、SEAMO、COLOR、三浦大知、

misono、alan、GIRL NEXT DOOR、J Soul Brothers、JONTE、BRIGHT、moumoon、倖田來未、TRF、浜崎あゆみ等。

今回出演した新人の中では、シンガーソングライターの奥村初音が印象に残った。まだ高校3年生だという。

作詞、歌、共にレベルが高いと非常に感じた。avexがプッシュしているので恐らく今後売れるだろう。




そして シークレットアーティスト Do As Infinity。


これはa-nationの事前告知には無く、内密にされていた。

スクリーンに“Do As Infinity”のテロップが映し出された瞬間、会場に歓声が響きわたり騒然となった。

会場のスクリーンに流された映像はこのページの左上、[Movie Play]。(期間限定なのでお早めにご覧ください。)

伴ちゃんと亮さんは「本日ハ晴天ナリ」をフルパワーで熱唱して1曲で終了して帰って行った。



あとTRFは何曲かやった後、ラストに「survival dAnce」で締め括った。

フジテレビが葬り去った名ドラマ「17才」のエンディングテーマソングなので感慨深い。

ラストに登場した浜崎あゆみは45分くらいやっていたと思う。

ステージが上昇したり、神輿に乗って会場を1周したりと至れり尽くせり。

最後に打ち上げ花火がたくさん上がってイベント終了。

規制退場制で、イベント終了時から駅に到着するまで一時間もかかった。



とにかく DoAs復活に立ち会えて良かった、半泣きになった。それに尽きる。



  Home   diary