2008年
12/02火

全身強打からまだ1週間、体力も無くしんどい状態だが、

12月01日はJR水道橋駅 東口改札から徒歩1分のJCB HALLの、ライブ「WHATsIN?20th」へ行った。

今回のライブの出演は、flumpool、間々田優、いきものがかり、Do As Infinity、絢香の順。

開演は18:30。DoAsが出演したのは20:45から21:13くらいの間。


今回のDoAsはキーボードの人が居なかった。演奏した曲は、

「SUMMER DAYS」「遠くまで」「柊(アコースティックVer)」「本日ハ晴天ナリ」「冒険者たち」「あいのうた」。

DoAsのライブは楽しかった。体力無く身体中痛いが、行って良かった。

---
全身強打してから2,3日経ってから、左の横腹が痛み出してきた。

痛みは日に日に酷くなり、今ではあくびをするだけでも重い痛みが生じる様になった。

それで今日、整形外科へ行ってレントゲンを撮ってもらった。

アバラには異常無かったが、医師曰くその下に柔らかい骨が在り、

その部分はレントゲン写真ではよく観えない所で、

その部分が壊れているかも知れないとの事だった。


それと医師へ、見た目が一番広範囲に腫れて紫色になっている右腕を看せたら、

「かなり内出血してる。こりゃ酷いな…。」と言われ、

念の為にと、またレントゲンを撮られた。一応ヒビは入っていなかった。

それにしてもとにかく左の横腹が痛む。


12/29月

一色紗英さんがご家族(旦那さんの姓:サーフェン)で出演する、ユニクロのTV CMのオンエアを確認。

此れ以前に一色紗英さんがCMに出ていたのは、L'Arc-en-Cielの曲がかかっていた、資生堂のピエヌのCM

(多分2001年か02年だったかな?)以来だと思うから、多分7〜6年ぶりとなる。(元CM女王なのでこの期間は長い!)

CMなので期間限定・視聴ページ マイクロだからとことん気持ちいい ユニクロのマイクロフリースセット TV CM


---
先日の木曜と昨日、病院へ行ってきた。消化器科の血液検査。

先日、自分はマイスリー10mgとセルシン5mgを2週間分飲んでOverDoseした。

木曜の医師、根元(←実名)は人を突き放す様な喋り方でマトモに話が出来なかった。

根元医師は、「左の横腹の痛みについて臓器のダメージの可能性は?」と問うと、

一言、「整形行けばッ!?」と吐き捨てる様に言った。

2週間分の睡眠薬を飲んだと話すと、「(隔離病棟に)入院すればッッ!?」と吐き捨てた。


昨日、月曜の医師、安斎医師(医師としてマトモな人間)と話せて、ようやく身体の状態が推測できる様になった。

左の横腹が痛みはほとんど気にならなくなったが、それでも少しは痛みが残っているので訊いてみると、

ひ臓のダメージの可能性は低い、その根拠は、

臓器にダメージが及ぶには、その前に臓器を守っている骨が折れていなければならないからだ、という内容だった。

なるほど、理路整然としていて納得。この医師は話になるし信頼できる。


血液検査の結果は、

ALPが基準値 100〜340の所が 353。

γ-GTが基準値 0〜75の所が 208。(かなり高い)

総コレステロールが基準値 130〜219の所が 290

血糖(血清)が基準値 70〜109の所が 113。

白血球数が基準値 40〜85の所が 92。


白血球が何時検査しても基準値を超えるのは何故だろう?


と云う訳で、酒を止める様言われた。 止められないが。

---
そして昨日は美容室で初めて髪を茶髪にした。気分転換で。

相変わらず酒を飲んでいる。少し控えめにしているつもりだが。


2009/01/09金

年末から新年にかけて乗用車のデザインをして居た。

とは云ってもアル中で酒は飲んでおるわ眠剤を飲んでも眠れないので起きてまたデザイン作業していたりとかで

設計ミス連発でとても[tw-idea]の欄に載せられるクオリティスに無いので此の日記に掲載しておく。


まずはフロントエンジン・前輪駆動の5人乗りの乗用車。

フロントエンジンとステリングシャフトとの干渉を避ける為に、

ステリングシャフトは90度変換の傘ギアを介してレイアウトした。





排気管は車体底面の中央部を窪ませて、其こを通す。


車体の空気抵抗を軽減するのに有効な手段として、車体側面のリヤを幅狭く絞り込む方法があるが、

今回はトランク スペースを大きく取って、その上で出来るだけ空気抵抗を軽減しよう、というコンセプトにした。

よってトランク スペースの下部にあたる両サイド部分を狭く絞り込んだ。

この手法は恐らく効果的かと思われるので、今後のデザインで常用するかもしれない。



次は、2人乗りのリヤ・ミッドシップ エンジン車で、空気抵抗を限界まで削減しようというコンセプト車。





車体の空気抵抗を削減するには、ディフューザーの様な、車体底面の後方へ向かっての跳ね上げが重要で、

それにはフロント エンジン車の方が有利となるが、今回はリヤ・ミッドシップ エンジン形式でトライしてみた。

酒と眠剤で酔って居てミス連発作で、今日、CG(ただのWindowsのBMP)で何箇所か修正したが、

一番失敗して直せないのがリヤの排気管。

本来はトランクスペースをかせぐ為に、排気管を下方へ急カーブさせねばならないのだ。

其の為の垂直縦置きエンジンなのに何やってんだか。まぁ此れは次回修正すれば済む話なので今回は此れで放置掲載。


左右の2人乗りとする事は、車体上面を理想的なティアドロップ(涙型)に近づける空気抵抗軽減面で有利な方式だ。


クルマは、車体の真後ろに空気の塊り(ウエイクと呼ぶ)を引きずりながら走行している。

これが車体後部の低圧(=負圧)による空気抵抗で、ウエイクが車体の空気抵抗のかなりの範囲を占めている。

今回のデザインは乗員を左右2人乗りにして、車体上面を理想的なティアドロップに近づけた事で、

リヤのナンバープレートを斜めに建てなければならない程ウエイクを軽減する事が出来た。




ところで、ドラゴンクエスト9が今年3月末に発売されると云う事で、既にお店で予約してあるのだが、

機種は大人の事情で任天堂DSとなり、DSを買う事になり、正月に(確か1/01だったと思う)DSを購入して来た。

ソフトはとりあえず脳トレと漢字検定とテトリスを購入して来たのだが、

買って来て以来、自分の母(60代)が完全にDSにハマっている。

テトリスは流石に初代ファミコンの時よりも大分衰えた様がだが、

脳トレと漢字検定が凄まじい。軒並み脳年齢20代を叩き出して居るのだ(!!)。

一体何者なのだろうと思ってみたら自分の母親だった。


1/22木

先日、発売日に林みのる著「童夢へ」をAmazonへ発注。

自分は代引きなのでついでに他の物もカートに入れた。

鬼束ちひろ2002年武道館LIVEのDVDと、鳥肌実 主演映画「タナカヒロシのすべて」(デラックス版)のDVD。

「タナカヒロシのすべて」は何年か前にWebで予告編を観ており、結末がどうなるのか気になって仕方が無いので購入。

さっそく観た。たまに笑わさせられるシーンは有ったが とにかく退屈だ・・・。

そして目的の衝撃のラスト。買った価値は十分有った。想像を遥かに超える出来だった。大満足。



鬼束ちひろのライブはもっと鬼気迫る物を期待して居たので若干スローに感じた。

しかしその時は健康だったという事になるのだから良いのか。



林みのる著「童夢へ」は期待通りの傑作で大爆笑。一気に読み終えた。

あまりに面白いので今は母へ貸している。 今日も時々「フフッ!!(笑)」と噴き出しながら読んでいる。



今日はミニ四駆のジャパンカップジュニアサーキットの2セットが返って来た。

一応1セット組み立てて噛み合い具合等を見ておく。ついでに試走…しようとしたらバッテリーが中古しか無い。

スイッチを入れてみると、昔は「…ッシャーーーーーッ!!」と爽快な音をたてていたものだったが、

今手元にあるマシンは 「しゃーーーー。。。」 と何とも駆動系が頼りない感じ; 何だか電池だけの問題では無い様な。

計測すると、タイプ3シャーシ(18年前にグリスアップしたままのギヤ)が5.45秒、

MSシャーシ(ローラー位置のテスト用マシン)が4.37秒。 …現在ニッケル水素を充電中。コースが揺れているので固定しないと駄目か。

部屋がこのままだと母の布団が敷けないのでサーキットは今片付けたが、

サーキット組みバラし移動の労力が結構しんどい...。

早朝に起きて丸一日テスト走行できる日までサーキットは箱の中かもしれない。でも早く3秒は切りたいしなぁ。。。


1/30金

冷蔵庫が壊れた。モーターが動かない。

確か1997年の春頃に買った物だと思うので約12年働いた訳か。

修理不可能と云う事で新たに買い換える事になったが、

愛猫と過ごした時期の物なので同じ様な色と形の物が欲しい。

似た様な物を探すが中々見つからず、コジマ電機でまあまあ似た物を妥協して買った。



一昨日は体温が異様に発熱した。38.7度まで高くなり、1日経って治った。

風邪の症状は身体がダルい以外に一切無かった。何か変な病気なのだろうか?


2/05木

先日の1月28日の夕夜に、[ゲーム上でのレースカー新規設計依頼の願い]と云うMailが届いた。

「rFactor」というPCゲームで、Modificationを入れる事が出来るので、

新規にModificationを製作しリリースしたいので車体の空力デザインを行って欲しいと云う。

其のMailには有償の仕事なのか無償の仕事なのかが記述されていなかったので問い合わせてみたところ、何と無償提供せよと云う。

そんな馬鹿な話が有るかと半ば呆れ 断ろうかと思ったが、少し経って1つのアイディアが思い浮かんだ。

其れはゲームに登場させる車体に、tw-idea のロゴを必ず入れるという条件だ。

其の旨連絡したら了承された。まあ其の位の条件は無償提供なら当たり前だろう。

車体のボディワーク規定も未だ決まっていないと云う状態だったので、自分がささっと範囲図を作り上げて翌29日にMailで届けた。

そしてタダ働きなので車体デザインはやっつけ仕事で行って、31日の朝に納品というスピードで作業を終えた。

何故タダ働きをやってあげたのかは自分でもよく解らないが、何か一つだけでも多く残しておきたかったのかも知れない。



昨日から希死念慮がかなり強い。 原因は不明。 楽に逝ける方法を知って居れば直ぐにでも実行するだろう。

自己存在意義に必要だった、自分の空力デザイン能力を仕事にしたいと云う唯一のモチベーションももう消滅してしまっているし、

31とも成ればもう其のモチベーションも湧く年齢では無いだろう。

決行しない理通は、は母が大変悲しであろう事と、逝く際の苦痛が厭な事だけだ。


2/13金

童夢のHPを観てびっくり、今年の童夢のGTレース体制はチーム・プロデューサに X JAPAN の YOSHIKI を迎え、

自動車レースを日本の一般社会における認知度の飛躍的な向上を目指した華やかな展開と成った。

これで一向にマトモに成らないでいた日本のレース業界に一風穴開けるかもしれない。今後が楽しみだ。


さて、最初は乗り気では無かった筈の、PCゲーム「rFactor」用に車体ボディワークデザインを委託された件だが、

今では日々報告される作業の進捗状況を楽しみにして過ごす様になった。リリースが待ち遠しい。


最近は希死念慮は薄まり、今日は髪を更に明るい色にした。


3/18水

昨日は、高田馬場駅から徒歩5分のBABACHOPシアターで開催のお笑いライブ、「フレッシュ笑イブ」に出演した。

勿論、自分はお笑いライブは初舞台だ。

出演順はくじ引きで決められ、自分は8番目となった。

事前に抗不安薬と栄養ドリンクを飲んで居たのでほとんど緊張しなかった。

自分の出番となって、フリップを使い演説、会場は大爆笑の渦となった。

結果、出場した20組中、自分は6位の好成績を残した。初舞台としては結構な快挙と云って良いだろう。

応援してくださった皆様ありがとうございました。


そして今週末の土曜18時から、同じくBABACHOPシアターにて、自分がこれも初挑戦となる自主制作映画の上映が決定している。

この作品は、企画、脚本、ロケ地選び、撮影、出演、編集を全て自分で行ったもので、3分の短編作だ。

ただ、撮影機器や編集に使用したソフトが程度の悪い物だったので音に酷いノイズが出てしまい、

このノイズの消去作業だけはBABACHOPシアターにお願いさせて頂いた。多謝。


3/30月

23日頃から体調が悪くなり、身体がダルく、24日頃から体温が37.4度のままになった。

29日のF1開幕戦決勝を観て居る時は38.8度まで上がり、その後、入浴後には38.9度に。

23:30頃に睡眠薬を飲んでベッドへ入ったが、翌朝4時頃まで眠りに入れず。

ようやく5時間程眠れ、起きて検温したら37度台に下がっていたので、自転車で総合病院の内科へ行った。

最高血圧 139mmHg
最低血圧 91mmHg
脈拍数  106bpm

医師は咽喉の奥を看るなり扁桃腺が大分腫れていると言った。

昨日、浴槽で首まで暖めてしまったのは大失敗だった。

薬を処方してもらい、帰宅、検温、36.4度。6日ぶりに37度を下回った。

軽く蛋白質と野菜とアミノ酸とビタミンのサプリメントを摂り、薬を飲んでベッドへ。7時間程眠れた。

起きたらかなり体力が低下して居る。検温、37.4度。

血液検査の結果が出るのは5日後の予定。


4/10金

数日前から左耳がトラブって居り、耳の外側の音は1割くらいしか聞こえず、

耳の内側では音が頭の中に大きく篭って聞こえ、ずっとミーーーーーンと鳴って居る。

そして先月の24日頃からずっと微熱が続いたままだったが、今日になって17日ぶりに体温が36度台へ戻った。

今日は自転車漕いで病院3件。まずは心療内科。

自分から医師へ就寝前のメイラックス(1mg)は要らないのではと提案し、今日からメイラックスは外される事になった。

次、小さめの総合病院で、2回目の破傷風の予防接種。次に10月10日過ぎに最後の1本を打って完了。

次、大きめの総合病院の耳鼻科へ。ヘッドフォンとスイッチで聴力の検査。

耳に水が溜まっている可能性が考えられ、恐らく中耳炎だろうと云う事になった。

アントブロン15mgとパセトシン250mgが処方され、また1週間後にもう一度来てと言われた。

最後にF1誌の立ち観へ。買うか迷ったが…買わず記憶して帰路。貧乏な話だねぇ。 帰宅、検温、36.7度。


4/17土

昨日は渋谷C.C.Lemonホールにて Do As Infinityのライブツアーの最終日。

18:00開場、18:40頃にオープニングActのmoumoonが演奏。

19:10頃 DoAsメンバー登場。

実際の伴ちゃんを観るのは、昨年の4月01日に初めて観てから今回でもう10回目だ。

伴ちゃんも亮さんも、3年間のソロワークを経てかなり成長している。

伴ちゃんは声がパワーアップして居て、「科学の夜」では何か取り憑かれて居る様な叫び。かなりの出来だった。

亮さんの「科学の夜」のラストのエレキもかなりイイ感じだ。

伴ちゃんの長いMCの後に「Yesterday & Today」。伴ちゃんも此の曲に深い思い入れがある様だ。

MCではファンから伴ちゃんと亮さんへ沢山の声が飛んでいた。

伴ちゃんへ質問が飛ぶと、(伴ちゃん)「…。 教えない。」(会場爆笑) 「…。 秘密。」(会場爆笑)

(ファン)「一緒にカラオケ行ってーー!」(伴ちゃん)「…。 高いよ。」(会場爆笑)

アンコールの後に1曲と、6月に発売される新曲を2曲やって、ラストに「あいのうた」で21:30頃 終演。

最後にサプライズが。スタッフから亮さんへ紙が手渡され、その紙には…!

11月29日にDoAs武道館ライブ開催決定!! 伴ちゃんも亮さんもファンの皆もこの時に初めて知らされた!

流石 原田さん(←avex取締役)・・・。(笑)


自分は会場を去る前に、原田さんへご挨拶させて頂いた。

原田さんは笑顔を見せてくれた。原田さんの笑顔は滅多に見られないらしい。貴重だ。

大満足で余韻に浸って疲労と共に帰路。



今日は左耳がほとんど聞こえない件で総合病院の耳鼻咽喉科へ。

医師と相談し、薬で地道にゆっくり治してゆくか、鼓膜を切開して水を出すかの選択。

あんまり痛くないとの事なので切開でお願いした。まずスプレーで麻酔され、綿で耳栓をして15分待つ。

そして器具を用いて左耳の奥へ…ズバッ!!っと音がした。我慢できなくは無いが結構痛かった。

耳の中の水を吸い出してもらい、お会計。鼓膜は切開したが、耳は十分聞こえて居る。

今回の処方は、クラリスロマイシン200mg日医工(1日1回)と、前回と同じくアントブロン15mg(1日/3回)。


5/07金

3月23日から続いている謎の発熱の原因を検査しに、いつもとは違う総合病因の内科へ。

感じの良い女医さん。咽喉を看てもらうと、扁桃腺が大きい。元々なのかな?とのコメント。

肝臓の値も気になるので血液検査ではガンマGTも調べてもらった。

採血されている時間が長く、多量に抜かれているのか抜いている速度が遅いのかは見なかったが、

途中から結構気持ち悪くなってしまった。

1時間程経って検査結果発表。

色々と基準値をかなりオーバーしている。

ガンマGT(基準値:0〜75)は前回検査した時が208だったのが278に上がってしまった。マズイ。

高脂血症で血流が悪く脳とかが危険らしい。

発熱の原因は不明。ウイルスの可能性は低そうとの事。

きちんとしたリズムで生活して運動する事、酒を控える事、野菜を摂る事、

日中まめに水を飲む事、と指導され帰宅。

明日は耳鼻科と心療内科。


5/08金

今日は病院の日。まずは心療内科から。

3月23日から続く発熱の件で、結核の心配があるからレントゲンを撮った方が良いという事になり、

別の病棟の内科医師への紹介状を書いてもらい、その病棟の内科へ。

その内科は中年男性の医師で、まず首を触るなり、鼻と咽喉が悪いと指摘。

そう云えば自分は8才頃に鼻詰まりで毎週耳鼻科通いして居た。

その頃は「大人に成れば自然と治る」と医師から言われていたのでもう気にしなくなって居たが、

実際には未だ鼻と咽喉が悪い様だ。

肺のレントゲンを撮ってもらい、診断結果は肺は綺麗で何の心配も無しという事だった。

発熱の原因は、鼻と咽喉の炎症からくるものだろう、大きな病気の可能性は低い。という結論となった。

しばらくは耳鼻科の医師の治療を続け、長期間経っても医師がオカシイと感じたらまた来てとの事。

しかしそれでは、これまでは発熱しなかった理由は何だろう?


耳鼻科は受付時間が過ぎてしまって今日は行けなかった。薬はまだ飲み残しが少し有るので、来週行く事にする。


5/13水

今日、母の姉の夫(癌で闘病中だった)が急死した。

最近症状が悪化して居り、苦痛に耐え難くなった事から麻薬を投薬されたが、

その後しばらくして意識不明になり、そのまま亡くなった。

恐らく麻薬の量が多すぎた医療ミスだと思われる。


自分は明日新潟へ葬儀へ行って、土曜あたりに帰って来る予定です。


そして自分は自分で、昨夜から左手の小指がトラブッて居る。

昨夜テーブルに肘をつきながら酒を呑んで居たら、

急に血流が止まった様に小指が痺れて感覚が薄くなった。

急いで洗面器にお湯を入れて指を揉み解したが、全く効果無し。


それで今日、総合病院の内科へ行ったが、

医師は、それは肘をついて居た事が原因で痺れただけで、血流は関係無い。問題無い。

コレステロールが高くても血糖値が高くても血がドロドロでも血流には関係無い、と言う。


いくら譲っても、血がドロドロでも血流には関係無いと云うのはどう考えてもオカシイだろう。

あの医師は流体には粘性があり粘性は流速に影響するという事象を知らないのか?

自分は不安な小指を抱えながら月曜まで過ごす事になる。

金曜に行く予定だった耳鼻科もまた1週間先延ばしに成った。もう薬は残っていない。


5/20水

左手小指のトラブルはほぼ治って居る。

昨日は自分の31歳最後の日。高田馬場駅から徒歩5分のBABACHOPシアターにて「フレッシュ笑イヴ」に出演した。

最初に出演順を決めるクジ引き。23組中、自分は20番目となった。

前回自分は初挑戦で20組中6位の好成績だったので(←しかも最後の方で大失敗したにも関わらず)、

2回目となる今回は1位を狙ってネタを作った。

出来上がったネタは完璧。これなら勝てる、と余裕で出番が来るのを待って居た。


幕が上がると、席の数からしてお客様は50名くらい(←大入り!) いらっしゃっていた様子。


そして時は流れて自分の番に。

出だしは笑いが起きたが、その後からはお客様は全然笑ってくれない。

これは何か様子がオカシイ、原因は何だ? 打開策は…?と考えながらネタを進めていった。

結局大して笑いも起きず終了。 今回は駄目だ、下位に沈んだなと意気小心。



後で集計結果を見たら、何と自分への投票数はたったの3票。 愕然。



今回の大敗の原因は4つ考えられる。


1. 滑舌が悪く何を言っているのか分からない部分が沢山有った。

  これは生まれつきのものと、抗鬱薬を常用している事が原因だ。

  改善するには発声練習するしか無い。



2. 立ち位置がお客様からやや遠かった。

  前に行き過ぎるとフリップに照明が当たらない感じがしたのでやや後ろに立ったが、

  実際には前方でも当たると後で判明。

  これでお客様はフリップの絵が遠く、よく観えなかった。致命的な敗因だ。



3. お客さんとしての自分の経験上、観る方も時間が経つにつれ疲れてくる為、

  疲労時には笑わなくなり、出番が後の方になると不利な可能性が高い事が考えられる。



4. ランキングは投票で決定され、本来は芸人も他の芸人へ投票するのだが、

  今回はお客様が満席だった為に、他の芸人のネタが観られず、今回は芸人の投票は無しとされた。

  前回6位になった時の自分の票数は芸人からの票が多かった様なので、これは痛かった。

  自分のネタは芸人ウケするタイプなのかも知れない。



と云う訳で本日、自分は32歳になりました。 やれやれ… どんな一年に成るのか…だぜ。


  Home   diary   next