2011/ 1/13木

昨年の2010年 1月12日にハイチで大地震が発生した事を今も憶えている人々はどれくらいであろうか。

そのハイチ地震救済を目的として、ミュージシャンの MINMI、若旦那、Candle JUNE によって立ち上げられた「LOVE FOR HAITI」プロジェクト。

1年が過ぎた今もなお現地では余震が続き、また人々は汚染によるコレラなどの二次災害の危険に常にさらされて居る。

あれから丁度1年が経つ2011年 1月12日(水)、渋谷AXにて「LOVE for HAITI」FAINAL STAGE が開催された。

此のプロジェクトに賛同した多数のアーティストは、本当にボランティア精神でノーギャラ出演!

筆者も、会場前の殆どのブースに寄付した。 その中に在った「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」は以前から本サイトHPのリンク先でもある。

ロビーにはavexの松浦さんからもお花が来ていた。


今回のイベントの出演アーティスト(敬称略)

小林武史、一青窈、チャリティー特別結成ユニット[キャタピラー](←一青窈さんが命名)

INORAN(LUNA SEA)x NAOTO(ORANGE RANGE)、河村隆一、Chage(チャゲ&アスカ)、MC-GAKU(パラッパラッパー)、

MINMI、若旦那、Candle JULE、キーボード:西滝太、シンセサイザー:益子樹、ギター:山本タカシ、ベース:仲條卓、ドラム:沼沢尚、

Leyona、Salyu、難波章浩、細美武士、TABU ZOMBLE、LISA、GOKIGEN SOUND、Metis、真戸原直人、Baby M。



シークレットでいきなり河村隆一さんが登場したら会場モッシュ! 筆者も一気に5列位前方へ押された。

かけていたサングラスを客席へ投げ込まれたし、いやぁとにかく人気の凄いのなんの。スピーカの音が割れない美声健在!!!



一青窈さんはMCで、此のAXに来る道中、マネージャーが運転していた車がやや軽率ぎみにコーナーを出ようとスロットルを踏み込んだところ、

自転車のオッサンとあわやのシーンで、其のオッサンからプリウスに蹴りを入れられたと云う。 怒りの込み上げる感情の連達の現象。

9.11の時の負の感情の連鎖経験を思い出したと。あの時、友人がニューヨークに居た。 其の時想った「百年続きます様に」 が、「ハナミズキ」の詞と成ったとの事。

ピアノ演奏:小林武史、Vo:一青窈。 最後の方はマイクを放して生声で唄われた。 美しい音圧の声量。



スペシャルゲスト、若旦那さんの友人で、ヤクルトの青木選手登場。このイベントの為だけにキャンプ場からわざわざ来られたとの事。



此処からは雑記、読む価値無し。 良い事は最後までは続かなかった。最後のスペシャルゲストとして、

山田優…さん…登場…(ピキッ# あの時のフジ地上波の件…)  ……。 とりあえずエンディングへ。 イベント終了。 寄付したら甘酒を頂いた。


ある人を出待ち。 関係者専用駐車場は出待ちの集合体と化しており。 気温と風、寒っ。 来ねー。もう帰っちゃったかなぁ…。

若い女性から年齢を訊かれたので 33と答えたら、相当驚かれた様だった。 今でもそんなに若く観えるのか。




2011/ 1/22土


1月19日、イベント日なのに朝方まで呑み過ぎてしまった。何て駄目人間。 昼、無理矢理起床。

今日必要な体力を食事でチャージ。抗鬱薬と各種サプリメントと軽食、まずは渋谷へ。



渋谷の改札を出た瞬間、アラームが鳴ってドアが閉まった。何故? すぐ其処の駅員の所へ。

駅員は、PASMOが最初の改札を通ったデータを記録していないと言う。なら何故最初の改札を通過した際にドアが塞がらなかったのか?

意図的な重複搾取?とも思いつつ、だがしかし時はカネ成り、さっさと料金を支払い、タワレコへ。


渋谷タワレコ、予約券を差し出し、だいぶ待たされたてCD&DVDとイベント参加券Get、急いで駅へ戻り、次は川崎へ。



15時過ぎに川崎駅に到着。西口、ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場。もう25人くらい待っており最前列は埋まっていた。

急いで4階のHMVへ。予約してあるCDを購入、イベント参加券をGet、ルーファ広場ステージ前で場所取り。前から2番目の好位置。

だが野外は寒い…。ライヴ開始まで後2時間半も此のまま待つのか……。



左前の青年も寒さで震えている様なので、彼へ、一旦この場を離れるので鞄を見ておいてとお願いし、

戻る際にペットボトルのホットなお茶を自販機で購入、彼へ差し上げた。喜んでくれたみたいでホント良かった。

それでも寒い様で、暖かいペットボトルを両手で握っている。彼は体脂肪が少なさそうなのでかなり寒い筈だ。



その一方で筆者は、元々の体重は46kg/体脂肪率11%であったが、2006年秋以降バイトのストレスで肥満化が進み、

現在69.8kg/体脂肪率30%以上だ。だがしかし家で暖房に使うエネルギーを節約する為、寒い期間は痩せるつもり無し。

てか気力も無い。 2001年元旦から2006年夏まで、殆ど毎日、体力の限界近くまで激しく運動してきたので、正直、もう運動したくないよ…。

もう気力尽きた。 しかし元と比べ、約1.5倍 も巨大化してしまった此のデブ状態は重い...。



昨年と同じく、リハーサルで亮さん御登場! 結構長くチューニングされて居る。

と、思ったら、しばし後、伴ちゃんも御登場!! 超幸運! 早く来て良かった!☆

伴ちゃん、何か小柄になった印象。少し幼くなった感じと云うか。服装の所為だろうか? 前髪があってマジで可愛い!!!

何曲か演った後、メンバー一旦戻る。



陽が落ち、暗く成ってきた… 本が読み辛い…。

予定通りの18時からミニライブ、スタート! 全曲アコースティックVer.

「柊」 「1/100」 「hand in hand」 「ワンダフルライフ」(伴ちゃんギター弾き唄い) 「本日は晴天ナリ」



そして肝心のイベント、新アルバム購入者限定で、伴ちゃんからポストカード手渡し! お隣には勿論亮さんも。

昨年同様、伴ちゃんを間近にすると自分は頭まっ白で、全く伴ちゃんの御顔を記憶できなかった;(T_T)





2011/ 2/ 5土


タワーレコード渋谷店 B1「STAGE ONE」にてDoAsイベント。

ミニライブ&アルバム購入者限定で伴ちゃんからオリジナルポストカードHプレゼント!

13:30、タワレコ 1F 階段前 集合。筆者の入場番号は 071。階段踊り場の壁に目印の番号が張られており、その場所で待機。

会場入り、速効場所取り。客層は老若男女幅広く。中には60代位の老女が独りで居られた。


予定時刻の14:00にDoAsのお二人御登場! Vanちゃん終始ご機嫌宜し。前髪が有って異次元の可愛さ!!! さらさらストレートの金髪。

先日同様、Vanちゃんはソロの時より幼く小柄になった感じを受ける。メイクは薄めの様だ。マイクは右手で、その右手首には銀色のアクセサリ。

今日のセットリスト。「柊」「1/100」「Hand in Hand」「ワンダフルライフ」(伴ちゃんギター弾き唄い) 「JIDAISHIN」「本日ハ晴天ナリ」

14:38ライブ終了、数分後からポストカード手渡し会。


14:50、STAGE ONE の黒色ドアが閉められた。

毎回、亮さんの御顔はハッキリと記憶できるのだが、Vanちゃんの時には…もう頭真っ白で 全く記憶できない。2秒間では筆者には記憶不可能。

一時の夢の現実に起きた過去。

脳の海馬へ上書きさせたくないので、F1速報は駅で購入。後で読む事に。




2011/ 3/09火


食べたい時が美味い時、知りたい時が解る時、やりたい時が出来る時。

後の二つは筆者が加えた言葉だが、

筆者は基本的に、モチベーションのベクトルが向いている方にしか力を発揮しない。

此処は基本F1の空力考察サイトなのだからF1の記事を書け!と御叱りを受けてしまいそうだが、

何故かこのところ,「t's サーキット」の構築作業へと思考回路が廻ってしまう。

あまりに長年F1漬けで在った所為でもあるのだろうか? 其れとも何かの予感から?

よって今日、いや日付変わって昨日も、サーキットの改造作業を、ポカリスエットとサプリメントを二回飲んだだけで13時間ぶっ続け。(今,史にそう)

JCJCのスロープ・セクションが必要なのだが入手できない状況なので、家に有るJCJCを改造して作成する事にした。

余っているレーンチェンジャー登り下りセクションを三つ用意し、切り出し抽出。用いた道具はカッターと三角彫。








 赤線でフラットとスロープの高低差を表す。   つ、疲れた・・・・

 時は金ナり。電動器具を買って来た方が良かったのかもしれない・・・・






2011/ 6/12日  つ…疲れた………

昨日は Zepp Tokyo にて、「Do As Infinity LIVE TOUR2011 〜EIGHT〜」

16時開場、17時開演。 ゆりかもめで15:20頃に青海駅到着。 ライヴが終わるのが19時頃だと思うが自分の体力と脚が持つかどうか…。

会場キャパ2千人くらい(多分)で整理番号 337、前の方の中央付近で場所Get。クリヤーに伴ちゃんを観られそうな好ポジション。

オープニングactは Digi cut


17時から数分経ってDoAs登場、会場一気に沸く。 伴ちゃん、 最新の DoAsホームページ で黒髪だったが金髪で御登場。金髪の方が好きですハイ。

今回のセットリスト(水色はアルバムEIGHT収録以外の曲)

M01  Baby!Baby!Baby!
M02  Special
M03  Blue
M04  冒険者たち

MC

M05  Everything will be all right
M06  僕が描いてた僕
M07  Fly to the Freedom

MC

M08  1/100
M09  Another
M10  1176時間

MC

M11  ワンダフルライフ
M12  Hand in Hand

MC

M13  Yesterday & Today
M14  科学の夜

MC

M15  Gates of heaven
M16  JIDAISHIN
M17  遠くまで
M18  君がいない未来
M19  本日ハ晴天ナリ

MC

en01  誓い(7月発売になる新曲)

MC

en02  あいのうた
en03  For the future



3.11に受けた震災。「Y&T」は、演る前に伴ちゃんのMCで直感した。「科学の夜」、凄まじい絶叫。

まるで今回のライヴの為に作られた 希望 と 警鐘 の曲の様だった。


今回もニコ動と連動。常にではないがステージバックに映像とコメントが流れていた。数秒タイムラグ。

亮さん、ニコ動へ送られるカメラを貸してもらう事を思いつき、カメラでサポーターの皆を撮影〜〜〜 皆手を挙げる。

昨日はキーボードの高瀬さんの誕生日で、ケーキ登場。と、伴ちゃんイチゴか摘んで食べる。「おいしいー☆」 ←(おいこら、人のケーキを…w)

伴ちゃん主導で、皆でハッピバースディ、高瀬さーーん♪ そして彼は(多分お酒を)一気飲みさせられる場内の掛け声で強制されたw

亮さんも(多分缶ビール)飲む。そして最前列のサポーターへ飲みかけの缶を渡す。車で来ていると大変だから伴ちゃん慌てて回収させる。

また飲んでる亮さんw 「楽しまなきゃさぁ、いつ楽しむんだよ。」 自分もそう思う。帰ったら飲みたい。

「あいのうた」で締めると思っていたら、最後に「For the future」を演った。復興の為だ。いつもより熱いライヴだったと思う。



身体限界、帰る前に 隣の MEGA WEB、通り道での館内しか見なかったけれども、もうF1マシンやパーツは一切見当たらなかった。









2011/ 6/23木

ほんと久々に再開した自転車漕ぎダイエット中、

ガソリンスタンドから車が出て来たので、自分はその車の後方を抜け様と進路を執ったら、

此のまま直進して向こう側の路面へ通過できる舗装に観えたので其方へ

と判断した次の瞬間、進行方向の路面に影が。()高い縁石が在るゥゥゥッッッ?!!!!
路面と同じ全く色のォォォッッッ??!!! 高さ30cmは在るゥゥゥッッッ!!!!!
ズッガァーーンッッッ!!!!!!!

身体飛んだ。

そして地面へ激突



数秒経過。(だと思う)

腕も脚も動く様だ。 怪我は…右手脚ずっるり擦り剥け流血(だけで済んだ と思った)。

自転車はフロント大破。 修理不可能。

…。 さて、どーやって帰宅するかな。 携帯で親父(が今乗っている筈の車)へ電話するか…。




1時間くらいで帰宅。

筆者は、衝撃Gのダメージは「時間が経ってから現れる事が多い可能性も高い事」を知っている。

クラッシュして4時間半程経過して此れを綴って居る現在、両脚全体と右腕の動きの鈍さとダルさ、特に右足首の腫れ。


軟膏塗布と湿布施したが、ヤバイヨー  ヤバイよ タモさん ヤバイヨー





2011/ 6/26日

で、ヤバイヨーのクラッシュで自転車が修理不可能と成ったので、6月26日に新しくママチャリを購入した。

ギヤは安価な3段で良かったのだが、お店で気に入ったモデルは6速の車種しか置いてなかったので無意味にハイスペック化。

試乗してみたら、操縦性は良好、ペダルも軽く、全体的に良い感じ。だが、

各ギア比の差が非常に小さく、カチッ!カチッ!カチッ!カチッ!カチッ!とシフト回して行かんとあかん。

まるで段差のあるCVTみたいな感覚だが、ママチャリ仕様でこんなに速く加速する自分の方が間違っているのかもしれない。

お会計。
自転車本体:1万6800円
サドル盗難防止ワイヤー:880円
パンク防止剤:1380円
各種保険パック:2700円
会員登録値引き:226円
防犯登録:サービス
計:2万1534円




2011/ 7/05火

3日程前であったと思う。(←脳のショート・ターム・メモリー故障済み)

運動によるダイエットを開始、(だが此れを綴って居る時点で未だ1回しかやっていないが)

まずはウォーキング10分でウォーミングアップ、

そして過去 5年程 走りまくった懐かしの川沿いコースを自転車で2周。

初日なので身体へ無理を掛けず、徐々に馴らしてゆこうと云う事で、ここで帰路。

家の時計を見たら、若干これは予想違いでしたよベジータさん。

自転車漕ぎ2周は15〜20分程度と見積もっていたが、実際には30分も漕いで居たらしい。

2001年から2006年半ばまで、あのコースは1周/6〜7分であった記憶なのじゃが…

つーか、よく考えてみれば、

当時の年齢は20代で3メガ・カロリー以上喰った直後にマウンテンバイクタイプの自転車を全開で漕ぐ体重46kg、

現在は34歳でサプリメントとポカリ一口のみでママチャリを漕ぐ体重74kg(!)、こんだけ差がありゃ話にならん!

28キログラムもウエイト背負っておる!!


そりゃ1周のタイムも激烈遅くなるわな 、、、



で 身体に無理が掛かった様なので現在回復待ち中。    それよか気力残量の方が致命的だが。




2011/10/10月

体力の低下が著しい。 立って居るのが辛く、すぐに座ってしまう。

近所に買い物へ5分自転車を漕ぐだけでもしんどい。 前は6速で楽々だったのが今では4速に入れるのが限界。

もう、心身共にズタボロだ。

来季のニューマシン分析考察ページ執筆の為に、それまで充電期間としようかと思う。

本サイトは後3ヶ月程の間は、気が乗った時にちょいと更新する程度に。(気まぐれだからそう成らないかも知れないけれど)



この十数年間、グランプリ後に発行される(地元で入手可な) 全てのレース誌の内容チェックを続けてきたが、

実は、今季の第3戦あたりから、それを止めた。

シーズン中はWeb記事で情報収集し、そしてシーズン後に「F1モデリング」だけ買えばいいかと。 かなり思い切った決断だった。

そうした理由は、病気の悪化と、心身共に限界である事と、加齢からモチベーションの火が消えたからだ。

と云う訳ですので今後、本サイトは一双に筆者個性から出る視点と綴りと成りそうです。



ところでネット通販で得たポイントの有効期限が近い旨の案内メールが来たので、全ポイントを「捨てられた犬や猫たちを救おう募金」に充てた。


ネット広告収入で細々と暮らして居る身には、黒インクの極細ペン「ステッドラー ピグメントライナー (10本入)」0.05mm」2,253円+送料495円 とか結構高かったね。





2011/11/20日

2014年からF1のエンジン規定が一新される事から、ホンダがエンジン・サプライヤーとしてF1に復帰すると云う噂が続いている。

ホンダの技術陣はF1にまたチャレンジしたい意向だが経営陣は此の世の中当然ながら賛成しかねない様子であるらしい。

そしてこう云った噂が出てくると、ホンダがF1へ復帰するか否かだけでは話が済まないのがF1の世界で、

メルセデス社からマクラーレンへのエンジン供給が2013年から無償ではなくなる事からマクラーレン・ホンダが復活するという憶測まで出てきた。

(此れにブルーノ・セナ君と小林可夢偉が乗ってチャンピオンになれば日本のF1ファンは万歳!!と一瞬思ってしまうかも知れないが、

 仮にマクラーレン・ホンダが実現しても、現在では車体のカラーリングをあのマルボロカラーには出来ないのでご注意を。)



バーニー・エクレストンが牛耳るF1界は万年常時魑魅魍魎の恐っろしいピラニア・クラブだ。

ではここで、メルセデス社の立場となって物事を見てみよう。

2012年シーズンとなっても自チーム(メルセデスGP)が上位争いへステップアップしてゆく気配が無い様ならば、

メルセデスの名がF1で勝てる既存の方法は、マクラーレンへのエンジン供給しか手はない。ならば立ち上げてしまったメルセデスGPはどうするか?

バーニーの手を借りて(←勿論タダでは済まないが)、ホンダにF1復帰を正式発表させて後に引けない様にしておいて、

其の裏で既に、既存の全てのチームとホンダはエンジン供給の契約が不可能な状態に手を打っておく。

そして唖然と途方に暮れたホンダにF1関係者がやって来て、メルセデスGPを買収すればF1に参戦できるしチームのインフラも手に入るぞ、と。

此れで売買成立すればメルセデス(とバーニー達)は万々歳、元は第三期ホンダF1チーム(元BAR)が撤退するにあたってロス・ブラウンへ1ドルで売却したチームなのだから。


まぁ、ホンダ本社が此う云った閉口な真似を許可する事はまず無いだろうけれども、

第三期に数々の訳の解らない行動に走った過去があるだけに、第三者の視点から心配ゼロと言えないところが恐い。

ホンダがF1復帰するならば、様々な話をあちこちから持ち掛けられるだろうけれども、またカッコ悪い始末に成れば日本は益々ナメられる。






2011/12/11日

白にゃんが捨てられた。近所のA家が白にゃんを事実上飼っていたのだが、白にゃんを捨てて引っ越したのだ。

其れからもう、色々すったもんだ在って、SSRIの副作用もプラスしてとうとうプッツン

昨今激しく体力低下して居り、たった一瞬の一呼吸、鉄菱ラッシュ オラオラ5、6発しか動けなかった。






 精神崩壊、頭イカレてたぜ。



2011/12/17土

何だか妙に右手が痛てーし 肌も変色して居るので、

土曜にプッツン・オラした辺りを観てみたら、柱に鉄菱の痕跡が。

(光景しか記憶にねーが、) 処構わず殴って居たんだな。

もし体力が有る状態だったら腕も家も少々ヤバかったって所か。


つー訳で、俺が愛情を抱く猫を蔑ろにする言動は止めておけ家人。



しかし此の腕の打ち跡は何だ?

全く記憶に無いが…。




  Home   diary   next