2017/ 9/14木



昨日、ジョジョの奇妙な冒険 第4部「ダイヤモンドは砕けない」第一章の実写映画を観て来た。以下、完全ネタバレなので御注意を。

まず、絵的には荒木飛呂彦ワールドでは無いですから此の作品。JoJo立ちとか一切無いのね。

其の件をスルー出来る人ならば、此れは観られる作品だと思う。映画の一作品として此れは楽しめる。

以下、感想をだらだらと述べますと…、


まず悪役のアンジェロ登場シーンがえらく永く続いてウザイのは原作を知らない海外ウケを狙ったのか? 国内的には意味無い演出なんですけど。


事前に、スマホのプロモーションで、スタープラチナのオラオララッシュが余りに遅かったのでクレームを送信しておいたが、

劇場の大スクリーンで観ると適切な速さだった。筆者、真ん中辺の席で観たが速くて観えなかった。

これじゃあ、最前列と最後列で観るのとでは全く違う作品なのだろうなぁと。


ジョジョを実写にして最も重要課題なのは、「スタンド」を適切に描けるか否かなのだと思うのだが、

本作は、実写で再現してくれて思わず涙出たくらいの出来だった。泣いた。良く演って呉れた!と何回も涙拭いた。

ださいポンコツ実写でも無く、お子様向けのアニメーションでも無くって云う、CGの塩梅のさじ加減が絶妙!


実写だとバッドカンパニーがマジで強い。強過ぎる。これスタープラチナじゃあないと迎撃できないんじゃあないの?と思う様な総攻撃。

実写のバッドカンパニー、まじで強過ぎや!


そんで孵化したエコーズが戦闘力ゼロだったので若い女性が全員吹いてた。生まれたてのエコーズは非常に可愛かった。

嗚呼、これは第一章で孵化させとく価値は在ったわ。

つーか第二章でジョジョの実写が完結ならば、エコーズは次作でAct2、Act3と成長しないといけない訳で、最低でも本作でAct1が出ていなければならない訳だな。


点数で云うと、本作「ジョジョの第4部 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は、加点法で150点でしょうかね。

スタンドのリアルな迫力に圧倒されました!! 私が観た映画の中で一番の作品ですね。


でラストですが、第二章でレッドホットチリペッパーは無かった事にしていきなり吉良になります。

演る役者は、北村一輝 しか居ないでしょうね。



んで帰宅して原作のコミックを読んだ。

構成、適切過ぎる。間合いとタイミング、荒木完璧過ぎる。此れ超えるの、無理。

でもコミック読んでて涙は出ないんだよね。実写と漫画は別物ってか。


ところでDIOを登場させるなら、GACKTを推したい筆者である。


尚、筆者も睡眠中に悪夢の中ではスタンド使いである。ヴィシュヴァカルマン.





小さい腕の時計で時間を5秒まで戻せる。

大きい腕の先の形状は自由に代えられ、斬るも殴るも自由。

此のスタンドのお陰で、今のところ悪夢の中で刃物を持って襲って来た悪党どもに殺された事は無い。



2017/ 9/21木



一昨日だったか、ジョジョの奇妙な冒険 第4部「ダイヤモンドは砕けない」第一章、2回目を観て来たぜオラッ!!!

地元の上映開始21:35とか辛い。其れまでノンアルコール。本来1800円のところ、クーポンで1200円。

チケット購入にあたり、劇場では前後左右・真ん中が筆者のお気に入りのポジションだ。E列の6番Get。

以下、完全ネタバレなので御注意を。

作品は、ハッキリ云って、演出は、入れなくてもいい合間が無駄に永い。無駄無駄無駄無駄ァッッッ!!!

康一が転校生とか要らねーーだろ其の設定。

しかし「ピンクダークの少年」のコミック揃えてるのはイイ仕事してるなぁーー。此の表紙、誰が描いたの??

2度目の上映でも、何回か泣いてしまった。筆者涙腺緩くなってる。実写で再現して貰えたから泣いた。

半年後か1年後か知らないが、此の作品のBlu-rayディスクを買うと思うけれど、

家の小さい画面のテレビで再生したら、スタープラチナのオラオララッシュは遅いだろうな、絶対に。遅過ぎる。

劇場のサウンドじゃあないと、バッドカンパニーの迫力は伝わらないんだろうな。

其う云う訳で、劇場版のジョジョの奇妙な冒険 第4部 第一章 2回目でした! オラッ!!



2017/ 9/24日

20日(水曜)、使い捨てコンタクトレンズの在庫が残り1セットになったので、最寄のエースコンタクトへ行って来た。

来店のネット予約は何かと面倒なのでせずに来店。そんなに待たされなかった。

最初のコンタクトはクーパービジョン社の「1day apuair EVOLUTION」を着用して居たのだが、

今回はエースコンタクトの美女スタッフさんからシード社の「1day Pure うるおいプラス」を勧められ、此れに決定。

眼科にて「1day Pure うるおいプラス」を指で触れてみると、薄いと感じた。着用感も明らかに潤っている。

此れに決定。眼科診察料380円、エースコンタクトでレンズ購入左右づつで7,128円ナリ。まあ此んなもんかな。

しっかし今回担当された眼科のスタッフはえらい美女だったな。おそらく20代。其処ら辺の適当なアイドルタレントなんか即死レベルの美女。

また逢いたいなぁーーー。



で昨日は美容室行って神斬って来た。あとカラーもいつも通りで。

今回も指名料をけちって払わなかったが、担当は此のお店で一番上手い清水さんとなってラッキー。

カラーの待ち時間に手前に在った雑誌を手にしてみると、現在公開中のジョジョ4部の実写映画に出演して居る虹村兄弟2人のインタビューが載っていた。


そして帰りに駅でオカンのパスモをチャージしようとしたら、券売機のアラームが鳴っている。

観るとお釣りが2、3千円が出ている状態で、其の状態を駅員へ伝えると、

駅員が券売機を裏から ぐいっと押し上げて むっ と上半身登場、おい此こ開くのかよ。急に何かスタンドでも出て来たのかと思ったがな。

お礼云われて帰宅。



んで白にゃん、安い缶詰食べなくなった。白身魚のゼリーっぽいのが好きらしい。 にゃー;


筆者、最近お腹出てきたので腹筋再開。初日20回。 翌日、筋肉痛で3回が限界。 其の翌日(昨日)も筋肉痛で3回が限界。 にゃー;




2017/10/02月

9月29日(金)、Do As Infinity 18th Anniversary 〜Dive At It Limited Live 2017〜へ参戦。

in 赤坂BLITZ。18:00開場/19:00開演。

1階は席は無いスタンディングなので、ドリンクチケット500円硬貨を財布に入れておいた。1秒でも早く入場して前のエリアを確保したい。

会場へ向かう千代田線で橋本環奈似の美人が居た。

早めに着いてTシャツを引き換えして、地下街でトイレ行って、会場横でスタンバイ。整理番号 232。

DoAs等身大パネルでサポーターの方から写真を撮ってもらう筆者。





18時 数分後、入場でもたつく謎。進まない。アナウンスは遠くて聞き取れない。

結構待って入場が進み出し、番号5単位で中へ呼び出されている様だ。

中央やや左寄り、8列目をGet。開演を待つ。


DoAsにしては早く登場、19:03くらい。

伴ちゃん白のドレスっぽいのに首から黒いびらびらが下がっててスカート。

出産後、もう平気で見せるワキがエロい。人妻。


亮さんは車で赤坂BLITZ来るのが好き。(伴) >「芸能人みたいw」サポーター、芸能人やがなとツッコむ。


スクリーンを降ろしてPV上映して被せる演出。うう もっと伴子リアルに観たいんですけど...。

伴ちゃん照明の具合でだいぶ顔が変わる。別の人みたいみたいに見えた時もあった。痩せてる。

昨日はハンバーグ2つ食べた。亮さんは昨日の夜食を思い出せず、夕方セブンイレブンで辛いカップラーメン買ったとコメント。

亮さんは最近カップラーメンが多いとの事。


亮さん、DoAsライヴは海外と何が違うって、日本では「深い森」を演ってお客がドっかんしない。

犬夜叉凄い。

今年は海外ツアーで色んなトコ行った。数人、日本からも参戦。


筆者の曖昧なセットリストの記憶。(順不同)

To Know You
Desire
陽のあたる坂道 (後半一部、詩が替わってた?)
ROBOT
深い森
真実の詩
楽園
君がいない未来
Week
TAO

Iron等、澤野弘之さんプロデュースの新曲が続く。
唯一の真実

Hand in Hand
轍 -WADACHI-
冒険者たち
遠くまで
本日ハ晴天ナリ



此処で一旦メンバーは引き上げ、恒例のアンコールお兄さん発声、アンコーールッ!

サポーター皆つられてアンコーールッ!

筆者が年内で最も大声を出す日がDoAsのアンコール。

アンコーールッ! アンコーーレッ! あんこ売るッ! あんこ売るッ!


メンバー再登場。亮さんサポーターに乗せられノンアルコールビール一気飲みする。

(亮) > 炭酸一気はきつい。


ジャケット写真は、(伴) > 亮君が右に居るショットもあったんだけど、私の左手が股間触ってるみたいだったので却下した。

で、亮君を蹴っ飛ばしてるショットの方を採用された。


伴ちゃん18周年は真面目にご挨拶。オトナになった。



SUMMER DAYS

21:40頃終了。

お客が掃けるのを待ち、ステージまでの距離を確認、やや大股歩きで4歩の距離だった。こんなに近かったんや。





牛歩で隊列が進むのを待ち、500円のドリンクチケットでミネラルウォーターに引き換える。

この時、たぶん原田さん(元avex取締役 D・A・I担当)が目の前通った。

余韻に浸りなが帰路。




2017/11/22水

昨日行われた、Do As Infinityが出演する TOKYO FMラジオ番組「KIRIN BEER“Good Luck”LIVE」の

400回記念の公開録画に応募して、筆者は最前列中央の【Good Luck SEAT】に当選して居た。

場所はキリンビール横浜工場だ。

しかし相方が風邪で咳が止まらず、よって同行できず、

急遽、mixiのDoAsコミュ、ツイッター、フェイスブック、本Webで同行者募集を試みたが、1通も応募して来ない。

諦めかけたところ、1通のメールが。台湾の男性からだ。

Webで彼のDoAsファン度を認証したところ、特に問題なし。よって彼を招待した。

2017/11/21火
11:00 起きる
12:10 食事
13:02 出発

途中、中東系の黒色の外人のオジサンが電車のルートに迷っていたので、筆者が駅の表を見て教え、お礼を言われる。

「アリガトウ, アナタ, イイヒト, ヤサシイ, ヤサシイ.」 いえいえ…。

14:50頃 生麦駅 到着、人に道を訊いて、徒歩10分。




キリンビール横浜工場 見学施設1階エントランスで待機。

ツイッターして、台湾の彼と落ち合う。そしたら日本人の女性2人組みと一緒じゃーん。おいおい。

彼へライヴハウス限定のCDを観せると、持っているとの答えだったが、友人へ渡してとプレゼントした。


15:43から受付開始。

案内され、ムービー上映、延々と工場見学の後、1人2杯キリンビールを飲める。筆者と台湾の彼は横浜限定のをチョイス。1缶でやめといた。

直かのビールは旨い。輸送時の振動が無いからだと思った。

案内スタッフからお摘みを頂く。筆者は喰わずに家へ持って帰った。(此れを喰いながら此れを綴って居る。)




17:30頃、ライヴステージへ入場開始。筆者と台湾の彼が列の先頭だ。

筆者、伴ちゃんの椅子の正面に陣取る。会場はビールの香りがする。。。




18:10頃、左通路からDoAsメンバー登場!

椅子に座った伴ちゃんと筆者のの距離2.2メートルくらい!!! まじか!


(伴)「知ってる顔も何人かいるw」

(亮)「(ビール飲めるから)俺も応募すれば良かったwww」

(伴)「DoAsのライブ初めてって人いるー?」 (サポーター)「はーい」(数名)


伴ちゃん、ある曲を2回 歌詞飛ぶ。やり直し。やり直し。

亮さん、ある曲を1回間違える。やり直し。


亮さん、キリンビール提供できない危険トーク連発!ヤバイよーヤバイよータモさーーん!

絶対此処はカットされる。


尚、唄う伴ちゃんと最前列の筆者とは、絶対に視線が合わない。此れメンタルの問題。伴ちゃんはやや上観てる。其う云う性格なのは知ってる。


最後に皆で乾杯。皆の「プシュッ」の音を録音された模様。どんな番組になるのだろう?


最後のメンバー撮影で、表情がグラビア・アイドルみたいな伴ちゃん。撮られ慣れてるなぁ。

尚、ラジオのオンエア(12/02)までセットリストは情報解禁できませぬ。

18:37頃終了。解散。

帰り、キリンビールさんから御土産を頂く。







おぉう! (今、冷蔵庫で冷やしてる。)

20:55頃 帰宅、台湾人の彼からのお礼の中身を見ると…、








バウムクーヘンやった。旨い此れ。ありがとうございます。




2017/11/30木

11/26日のミニ四駆タミヤ公式ウィンター東京大会に筆者が参戦でけなかった理由を記す。

其れは、お腹がピーピーになって受付時間に間に合わなかったからだネン。0次落ち。アホだ。

まず、前週の火曜日 夕方にDo As Infinityのイヴェントがあり、先頭で帰路、其の時、18時40分で、2時間程かかって帰宅した。

筆者は11時間の睡眠時間を必要とする。

其れから毎日工夫して早起きを試みるが、水曜、木曜、金曜、土曜、と全て完敗、とても起きられなかった。

日曜当日、6時45分に目覚ましアラームで起きる。

そして、おにぎり2個と目玉焼きを1つ食べるが、未だ身体が目覚めて無かったのか、お腹ピーピーに!! トイレから出られん!!
あばばばばばばばばばばばばばば
あばばばばばばばばばばばばばば
あばばばばばばばばばばばばばば

此れ完全に精神的なもの。

…やっとトイレから出て来て、スマホのアプリで検索すると、もうタミヤアプリ チェックイン期限の10時30分に間に合わない事が判明。

終わった。

駄目だ此れ、精神が終わってる。13才の時に「学校へ行きたくない!!」と想って居た時と全く同じ感覚だ。あの無理過ぎた不登校の感覚。

本来、楽しみの為のミニ4駆なんじゃあないの???と想うが、

もうとっくに楽しみなんかじゃあない、ただの戦いになってる。


先日のラボのテスト結果、水素2.4A、パワダ、3.5:1、26.1mmスーパーハード、

フロントブレーキ先端 青1.7mm、リヤブレーキ 赤 1.1mm、フロントヒクオ: 6.5gx2、リヤ: 2.5gx2 で 32秒6。

フロントブレーキ高さの調節でタイムアップできるでしょうと読んで居たが、現地情報からして、此れはテスト不足。

しかし走りたかったなぁ。。筆者の脳内どうなってるの。




2017/12/03日

昨日、TOKYO FM「KIRIN BEER“Good Luck”LIVE」がオンエアされたので、以下ネタバレを綴る。

まずはトーク。

DoAsはラジオはたくさん出てきた。

伴、ビールをぬるい温度で呑む通のおじさんの話。

亮さんのアウトトークは完全に綺麗に編集されてオンエアされたw

伴、蔵とか(酒を作る処で)またライヴやりたい。


セットリスト (全てアコースティックVer.)
1. 深い森
2. BE FREE
3. 化身の獣(新曲)
4. 1/100
5. 柊
6. 遠くまで
7. We are.


さて時を遡る事 数日前、

筆者宅の1993年くらいから使用していたPanasonicのラジカセのカセットドライブが故障しているのが発覚し、

ラジオ番組オンエアを録音する為に、東芝の安価なラジカセ「TY-CK2」を購入していた。

が、オンエア時刻にダイヤルを FM 80 にセットしても TOKYO FM を受信せず、NACK5を受信している!! 何これ!

周波数のダイヤルを少しづつ動かし、FM 87 辺りで TOKYO FM を受信した…。

オイオイちゃんとしろよ東芝、トーク冒頭と1曲目の半分まで録音できなかったじゃんかよ…。




2017/12/13水

数日前に、地元の動物病院で、迷い猫の連絡写真を撮って来て居た。

すると筆者がジョギングしている処、該当しそうな猫に出遭った。白地にベージュ猫!?

早速ご主人へ電話、すると写真が欲しいとの事。

翌日、眼鏡かけて、腹部のポシェットにデジカメと電池とドライのカリカリとお皿をセット、

ジョギングして、出現ポイントを数周往復すると、例の白猫出現!








ぬー、真っ白猫だ...違う此の猫。筆者の裸眼には、木の枝の影で背中に模様が観えて居るだけだった…。

経緯をご主人へ電話。留守電。吹き込む。すみません...。









ついでに写真。なんかカモが一杯居た




2017/12/18月

昨日、Do As Infinity「化身の獣」リリース記念イベント、ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場グランドステージへ参戦。

11:45頃に筆者会場へ到着、まずステージ確認。



ステージが前後方向に長いひし形に見えるから、此の正面よりも、



おそらく左側に陣取った方が伴ちゃんに近いねコレ。

先日の台湾の彼が居たので挨拶。しばし会話。

トイレ済ませて、12:00から特設ブースでCD販売開始、筆者9枚購入、1万1664円放出、特典会(サイン入りポスターをプレゼント)の参加券を9枚Get。

1円のお釣りも出さず支払う筆者。計画通りの9枚と其の種類。最も安価で最大の参加券。

今回は参加券該当のCDが多種で、番号で指定して買うシンプルな仕組みだった。混乱を避ける為だろう。


CD買って速攻場所取り。前から2列目Get。ここから立ちっぱなし。

13:00に梅のおにぎり1つ食べて脳へ糖分補給。これで3時間持つ。


其の後だったか、リハーサル開始、亮さん、サービスでドラムもプレイ!観客は拍手!

亮さん調子に乗ってハイスピードプレイへ!しかし強く蹴ったらドラム故障した!(爆)

治らん!www 皆であれこれやるが治らん。。。

スタッフ、ホームセンターへ!

しばらく後・・・ 7種くらいのL字レンチらしき物を買ってスタッフ戻る、

此の買ってきたので作業して何とかドラム治る!良かった。


14:00 DoAsメンバー御登場。

伴ちゃんサラサラヘアー、赤いセーター、脚は黒のレザー、5cm以上のハイヒール。照明で髪に光。

筆者左側、前から2列目、伴ちゃんから4mくらい(?)をGet。


セットリストは



化身の獣 (新曲)
Lovely Day (新曲)
陽のあたる坂道


と記憶して居るがあまり自信なし。他にも在ったかも?

14:23と、早めにライヴ終了。


次、いよいよ特典会。

筆者がステージ裏で順番待ちしていると、仮設テントの中に伴ちゃん観えた。

伴ちゃん出てくる。ステージサイドからステージ裏のサポーターへ御顔向けてくれて居る。


特典会進行、筆者の番。

(筆)「9枚買いました☆」

(伴)「えー!(笑) あと10回来るのーー!?(笑)」

(筆)「あと8回です。(笑)」


此の日、伴ちゃんご機嫌、テンションup!


(筆)「ツアー5月20日、東京、僕の誕生日なんです☆」

(伴)「ぁっ、憶えておきます!^^」


(筆)「陽のあたる坂道が1番良かったです!」

(伴)(顔を思い切り上にして大口で爆笑、上の歯の裏側が見えたw)

*伴ちゃん達は新曲に全力を込めて此処へ来たのに、最後に演った旧ナンバーの「陽のあたる坂道」を云われて爆笑した模様。


筆者がバッグにポスター一杯入れているのを観て、女性スタッフが「荷物預かります!」と籠へ。

(筆)「科学の夜が聴きたいです。絶叫の!」

(伴)「分かりました!(笑)」


(筆)(何云うたか憶えて無い)

(伴)「そんなに(ポスター)貰ってどうするのーー?(笑)」

(筆)「張りまくります!w」

(伴)(爆笑)


予定していた数よりもポスターが掃けた様で、足りなくなって伴ちゃんと亮さんがポスターにサイン。

(亮)「ちゃんと本人達がサインしております!(笑)」


次筆者の番で伴ちゃんがサインして居られる際に、

(亮)「本当、いつもありがとねー(笑)」

これ完璧に顔憶えられてるw


丸めてる時間が無くなって、平らなポスターと輪ゴムくれてる伴ちゃん。

筆者が輪ゴム受け取る際に、ちょっと指先同士が触れた! DoAsは握手禁止!

avexさん、此れ筆者の故意では無いですから!スローに受け取る筆者の手、素早く受け渡す伴ちゃん、結果こうなっただけです!


残る2枚…、最後女性スタッフが催促する様な感じがして、2枚を渡し、伴ちゃんから2枚ポスターを貰う。

この時スタッフから伴ちゃんへの連絡は無し。(あっ、もう1枚?)と普通にくれた。

しかし何故2枚渡してしまったんだろう?筆者。ラスト飾りたかった。。。


最後、何発か観客へ手で輪ゴム発射して遊ぶ伴ちゃん。


コートを着てラゾーナ川崎を去る伴ちゃんと亮さん。


終わり



2018/ 5/22火

さて、前回の日記(昨年の12月、ラゾーナ川崎プラザ)で、

(筆)「ツアー5月20日、東京、僕の誕生日なんです☆」

(伴)「ぁっ、憶えておきます!^^」

と云う件があったのを憶えておられるだろうか。

そして一昨日、「Do As Infinity LIVE TOUR 2018」東京国際フォーラム ホールC へ参戦。

チケットは前から2列目だったが、1列目はステージまでに柵が無い為、1列目は販売されてなかった。

なので2列目が事実上の最前列。

1列目はカメラマンがウロウロして居た。


18時12分頃、まず亮さんが御登場、1曲目はエレキプレイ。

2曲目から伴ちゃん御登場、黒のドレスにスニーカー。

スカートはスリットが切られており、時々膝くらいまで観える時も。肩出しててセクシー。


こんな曲を演っていた記憶。(順不同)
深い森
陽のあたる坂道
Alive
Iron Hornet
To Know You
Lovely Day
アドリアネの糸


で昨年12月のラゾーナ川崎で伴ちゃんへしたリクエストが叶い、久々の「科学の夜」!!

伴ちゃん絶叫! ラストのエレキ、亮さんスゲー!!


MC。
(伴)「何でも、初体験って人生で1度きりなんだよね。」

尚セクロスの話ではない。


伴ちゃん、自分の事を「ポンコツ」発言連発。

最近の、亮さんとお酒を呑んで居てつまづいた話。

(亮)「そこでつまづくかと。」


(伴)「1回、へこたれた事があった。」(2005年のD・A・I解散の件)

(伴)「でも(其の件について)自分に嘘をついたつもりはないから。」


(伴)「生きていくって、こんなに大変なのかと。」


(伴)「鏡のあるリハーサルスタジオで、見事にオッサンばかり。」(場内爆笑)


(伴)「人間は忘却する生き物だと。

 亮くん、ここの会場でライヴやったの憶えてなかったでしょ?」


ライヴの中盤に、スペシャルゲストで澤野さん御登場。

(亮)「(伴ちゃんは澤野さんへ、)誰だか知らない人のYouTubeのURLを貼って、こんな曲やりたい!とかメールしてた。」

澤野さんピアノ弾いて、

火の鳥
唯一の真実


伴ちゃん、曲と曲の間に、衣装の腰の辺りに何か引っ掛かったらしき仕草。


客席から「オラ!」の声。スペイン人のサポーターが来て居た。


ここら辺はこんな曲を演っていた記憶。(順不同)
化身の獣
Under The Sun
JIDAISHIN (*タオル回す)
遠くまで
本日ハ晴天ナリ


メンバー楽屋へ去って、少ししてアンコール発動、

アンコールッ! (アンコールッ!)

アンコールッ! (アンコールッ!)

アンコールッ! (アンコールッ!)


メンバー再登場、伴ちゃんは今回のグッズの白いTシャツと、黒のパンツのスリット入り。

亮さんは黒に赤のTシャツ。此のカラーリングが自分の人生で一番なカラーとの事。


伴ちゃん、Tシャツにプリントされた横文字を読めず、適当に読んでみてたw


伴ちゃんからライヴメンバー紹介。


そして伴ちゃん、恒例の“グッズ投げ”を開始。タオルを巻いて投げる!結構な飛距離。

2階席の女性がグッズGet! すると、

(亮)「おっさんが貰うより絵的に美しいw」


伴ちゃん、今度は筆者の方へ来た!

(筆)「誕生日! 誕生日!」と伴ちゃんへ呼びかけると、筆者へグッズを呉れ様としたが、

(亮)「でも絵的に…w」

(伴) (えっ、どっちにする??)

(筆者) 右の女性の方へ腕を振り、「どうぞどうぞ!」

(伴) (えっ、どっちに??)(迷)


と、女性の方がグッズをGetしたが、


其の後、特別に筆者にも呉れる事に!まじか!
が、
伴ちゃんと筆者の手と手がギリギリ届かない!!

(筆者) (投げて!のポーズ)

そしたら、

(伴) こっち来て!

と、直接ステージの境目へ招かれて伴ちゃんから手渡しされる!!! 魚(うお)おおおおおおおおおおおお 頭真っ白ワケワカメ!

(@@;)

咄嗟の判断で、握手は自粛した。握手できる勢いだったが、自粛した。

(亮さんと伴ちゃんのどっちか)「何歳(になった)?」

(筆)「41です!」

(亮)「41歳ッ☆」


ワンダフルライフ
For The Future
20時35分頃 終了
(筆)「伴ちゃーーん!ありがとーー!!」


販売ブースで「続続持ち出し禁止」のDVDを購入して帰路。


これが伴ちゃんから手渡しして貰ったキーホルダー!




しかし良い事は続かなかった。帰りの電車でオカンからLINEが。体調を崩し、肺炎かも...。





2018/ 7/08月

結局オカンは肺炎ではなく風邪だった。良かった。


で昨日は「Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-」日本公演ラストに参戦。

みなとみらい駅下車、3番出口から南西へ。横浜ランドマークホールへ… ホール…

無い。 見当たらない。 ランドマークはあるが、ホールが無い。何処?

久々に人へ道を訊ねたが、親切な人で良かった。

...って、ホールは建物の中かい! しかも5階の隅!


17時08分頃、亮さん登場。

小さめな箱だが、筆者の席はほとんど最後方、15列20番。ステージと20mくらい? 遠い...。(涙)


セトリは東京と大して変わらず。


序盤は伴ちゃんのお顔全然観えず。頼むからステージあと1メートル高くしてくれ!!!

人と人の林の合間から、顔だけ何とかチラチラ観える。


MC (伴)「皆、毛穴開いて」(伴ちゃんはライヴ後半に『心開いて』の間違いであったと気付く。)


と、ここで衝撃発言、なんと伴ちゃん家は昨年から熊本に住んでいるとの事! はうあ!


MCで亮さんどんどん下ネタへ…。

(伴)プッツン切れて「帰っていいすか!?#」


筆者の昨年のリクエストが叶ったのか、「科学の夜」最高。

伴ちゃんの絶叫の後、亮さんのエレキ始まって、伴ちゃんステージから引っ込む…。亮さんメインプレイ!! エレキ最高!!! これは永遠に聴いていられるやつ!!!

スゲー永いウルトラプレイを堪能。


MC、亮さんは 30年前?いや、25年くらい前に、アレルギーの新薬の治験で打ったり飲んだりしてイイ金になり、ギターのローンを返したとの事。


MC、伴ちゃんのお子さんが亮さんと目を合わせてくれない。

「ママー!」と楽屋に入って来て。亮さんが「居ないよ」と云うと硬直する上の子。

亮さんは二人の子を「2匹」と呼んでいたww


亮さんは食い過ぎ、過去最高に肥えているとの事。明日喰えないかもしれないじゃんと熱弁を奮う。


次の年号は何になるか?という話題となり、

(亮)「田中がいい。次の年号、田中になんねえかなぁ。」


こんなに長くトークしてていいのかと思うくらい今回のライヴのトークは長かった。面白いからいいけど尺的に心配になる程。


だいぶ後に気付いたが、伴ちゃん黒のドレスでスカートはシースルーでセクシー。東京の時観たけど、いいなー前列の人達いいなー。


『To Know You』は歌詞の「Tokyo」が「Yokohama」に替えて唄ってた。


アンコールッ! (アンコールッ!)
アンコールッ! (アンコールッ!)
アンコールッ! (アンコールッ!)


何曲かと最後に『SUMMER DAYS』演って、お別れの儀式して、(伴)「ありがとーーー!!!」


19時50分頃 終了。 結局、今回は人の林の間から何とか伴ちゃんを視界に捕らえられる空間探しに終始し、過去最も集中力の無いライヴだった。


そして筆者は帰りの方が道に迷った。何処此処…。何処駅…。暑い…。




[Home]   [diary]  [Next]