ステーション大会オープンクラス初優勝

製作・撮影・text by tw / Web公開日:2015. 4.13月

スプリングのシード権を勝ち取る為に、4/12日、地元のミニ四駆ステーションの大会に参戦した。
今回のコースのポイントは、テーブルトップ、ストレート1枚、45度コーナー、反ったオレンジジャンプ、バンクカーブ。
レーンチェンジャーはバーニングだ。
先週の筆者のテスト走行では、ニッケル水素で13秒前半が最速だった。

大会当日、フリー走行で12秒台が出たらしい。いきなり窮地。
果敢にテストするとテーブルトップでコースアウトしてフロントの桁が剥がれた。
冷静にシャーシとFRPにヤスリをかけ接着…。
ギヤ比を3.7:1から4:1にして、フロントにマスダンパーライトを2つ増設して何とか完走できる様になったが遅い…。

14時にアルカリGT縛りの大会スタート。1枚(300円)のエントリーシールで3回タイムアタックできる。
1回目アタック、右周りの1コーナーでノーズアップ、バーニングの下に突き刺さる。マジか!
元々のスラストは0.5度くらいだったのだが、フロント桁を接着し直したらスラスト不足になったのだろう。
桁FRPを削って左フロントローラーのスラストを増す。

2回目アタック、13秒半ば。
トップは12秒台。大きい1秒差。
ブレーキを下げギヤを上げ1段高速域へ上げる。まだ13秒台。

フロントのマスダンパー撤去し軽量化。
もう1枚エントリーシールを買って4回目アタック、まだ13秒台。
その後コースアウトしてアタック回数を使い切る。

1秒差大き過ぎる。
諦めるか…?
引き算すれば、ブレーキ弱めてテーブルトップで0.15秒x3回、反ったジャンプで0.15秒x3回、バーニング0.1短縮すれば1秒になるんだよな...。

300円でもう3回できるんだ。 諦めたら終わりだ。
過去の公式レースの経験から、フロントブレーキをワッシャー1枚高くする。

エントリー3枚目購入。
7回目アタック。「速いな。トップか?」の声
大成功のラップで3周、12秒4(だったと記憶)
マジか!!!!!

トップだ。

めちゃセッティング決まってる。

タイム更新されるといけないので、フロントブレーキワッシャー1枚抜いて8回目アタック、
反ったジャンプ後にフェンスに引っかかる。
セッティング変えずにもう一回、同じ所で引っかかり終了。

まだ他レーサーのアタックが残っている。
筆者ラップタイマーの横に立ち、飛べー 飛べーという心の声で見守る。

全部飛んだ。

15時20分、大会終了。
勝った。


勝ったぞおおおーーーーー


うおおおおおおおおおお


2011年からシャトルの店舗大会に挑戦を始めて、今回初優勝。

お店の奥で、店主のオバちゃんと好青年レーサー様が祝福してくれた。

うう… ありがとうございます。




最終的な仕様: GT専用にやったスプリントダッシュ 3.7:1 大径・フロント灰スポンジ/リヤシリコン

駆動は少し何かやってます。
車体も工夫あるけど




店舗ルールでダミータイヤは必要なく、経済的だ。






今回のキモ、フロントアンダーガード。帰宅して撮影したら左側が無くなっていた。

恐らくタイム出た後に剥がれたのだろう。危なかった!




コースアウト連発したからか、
左リヤローラー軸曲がってる

中空ピンだす








(このページの最新更新日: 2015. 4.13月)
[Site TOP]   [ミニ四駆・フェンスカーの部屋]