2019年ミニ四駆ジャパンカップ東京大会1
製作 & 撮影 & text by tw (2019. 6.16日)

筆者は本日、日曜の部に参戦した。4時起床、冷静さを保つ為に栄養ドリンク無しで出発。
6時50分頃品川シーサイドに到着、ピット貼って、1階のエントリー列へ。
7時15分ちょうどからエントリー始まり、エントリー料5百円払って、青色の72番。















この構成で128.8グラム、筆者は内容的にやや軽い部類であると思っている。

大会は、地上1階イオン屋根下に A-B 2面、設置。
Aコース、チャンピオンズ様達の試走式43秒1、
9時30分頃から1次予選開始、タイムを摂りつつ各車の挙動を観る。
Aコース オープン 45秒4、44秒、44秒6、
筆者此処で見極めをつけ、ピットへ戻る。出走準備。
傍らには先程トレードをした Bさん が居るが、筆者の2次進出を予感させない様なオーラ。

Bさん情報から手持ち最遅のライトダッシュを積んで、44秒0くらいを狙い、
富士通アルカリプレミアム、LDPで10秒放電、
遅いライトダッシュPROモーター、
3.7:1ギヤ、
タイヤ径、前輪ローフリクション 26.4mm、後輪スーパーハード 26.2mm、
フロント ヒクオ: 8.8x2、リヤ ピン: 4.6グラムx2。

Aコース、1レーンスタート。




はーーい(ドーーーン) ぬはーーー!!!(ガビーーーン!!!)
最遅のLDPに替えるだけでは不十分だった...。
フロント鬼スラストにするとか他に手はあったのに....。(死;)

筆者ポンコツ過ぎる。精神がしんどい。これ書いて居るのもしんどい。
最近、ミニ四駆モチベーションがダダ下がりまくり;
後は精神力しか残っていない感じ;
自分で自分がバカなんじゃないかと思う。

(このページの最新更新日:2019. 6.16日)
[ Site TOP ]  [ ミニ四駆・フェンスカーの部屋 ]