「どこまでハイノーズにできるか?」
スケッチ日:1998.11.22
Web公開日2006.11.30木




F1マシンは「どこまでハイノーズにできるのか?」を考えてみた際のスケッチ。
発掘したメモからは、スケッチ日が98年なのか95年なのか、
鉛筆で薄く小さく書いてあるので判別が難しいが、
記してあるレギュレーションの値からして、どうやら98年の様だ。

車体下部へ大量の気流を導く事だけを目的に、
フロントサスのロールセンターは完全に無視してデザインしたもの。

目的は違えど、偶然、
マクラーレンが2005年度シーズンから登場させた「ゼロキール・コンセプト」を、
筆者は7年も先取りしていた形となった。

スケッチは、空力に寄与する為か、前輪の直径が600mmと規定最大値よりも60mm小さいが、
これは前輪が巻き起こす乱流の発生を低減させようとしていたのかもしれない。



[Site TOP]   [tw-idea]