災害時、懐中電灯の代わりの灯り  by tw (2011. 3.14金)

先日の2011年3月11日(金)に東日本で発生した大地震により、
街中の「懐中電灯 本体」および、懐中電灯が主に使用する「単1、単2の電池」が売り切れてしまった。

そこで今回筆者は「この手」を思い出した。
自転車用の「電池式ライト」を用いれば良いのだ。
これは自転車店や、DIY系の店に置いて在ると思う。
このライトでは単3電池の種類がある。

尚、電池式ライトの取り付けネジがマイナスの場合には、
マイナス・ドライバーの代わりに硬貨を用いられる場合もある。

(このページの最新更新日: 2011. 3.14月)

[Site TOP]   [tw-idea]