[ English language ]

得手に帆あげて tw-idea サイト筆者プロフィール

名前: tw
生年月: 1977年 5月
F1fan歴: 1990年 日本GPから (28年/477 GP以上)
得手: 流体力学デザイン
技術面: 独学
職業: Webライター
喫煙歴: 無し
想う: 人は、社会人でいる前に地球人で在るべきである。
好きな食べ物 : 鰻, ピッツァ, モッツァレラチーズとトマトのサラダ
好きな飲み物 : ポカリスエット, 赤ワイン, 強い睡眠薬
睡眠中に夢の中で出せるスタンド: ヴィシュヴァカルマン



強く影響を受けた人物 : (敬称略) アイルトン セナ, 本田宗一郎,

中村良夫 (第一期ホンダF1チーム監督・FISITA(国際自動車技術会連盟)元会長),

林みのる (純日本レーシング コンストラクター「童夢」創業者),

土井利忠 (SONY Intelligence dynamics 元代表取締役社長)

最も影響を受けた書籍 :「メンタル・ブロック バスター 自由な発想を妨げる6つの壁をぶち破れ」(James L. Adams著)


2005

2005/10/ 4

2014/12/07

好きな人物 : (敬称略)

一色紗英  中山エミリ  小沢真珠  伴都美子  Alan Kay


Favorites Music :

Do As Infinity  奥慶一  T-SQUARE  椎名林檎  sex Machineguns  globe  鬼束ちひろ  NIRVANA  ZARD



〜 サイト筆者 history 〜

1977年 5月、埼玉県 越谷市にて生誕。後に引っ越し。大の学校嫌いで体調の良い日無し。

1987年(10才)の秋の夕方、三毛の仔猫と出逢い、かけがえの無い存在となり、生涯を共にする事になる。

1990年 8月、田宮公認ミニ四駆ジャパンカップ埼玉大会、圧倒的な速さで予選を勝ち進むも、
決勝最終ラップ最後のスロープ下りでコースアウトし総合優勝を逃す。
同年・東京大会も決勝まで進むも、レース前にリヤエンドを破損し、更に車検でタイヤ解釈をモメて出走した後、原因不明のリタイヤ。
此の時初めてテレビに撮られて後日テレ東の「RCカーグランプリ」でオンエア。

1990年 中学1年、13才と成ると明らかな自我が芽生え、既存の教育制度を受け入れられなく成り、9月から完全登校拒否。

同年10月、初めてF1グランプリをテレビ観戦。以後アイルトン・セナから絶大な影響を受けて育ってゆく。
完全にモーターレーシングの虜と成り、日々 技術面を深く分析考察、数々の新デバイスを発案しスケッチ、車体デザインを行う。
そして筆者のアイデアと同等のデバイスがF1GPで頻繁に登場する様に成ってゆく。

14才頃から、譜面は全く読めないが、音の高低だけで耳コピし、キーボードを弾ける様に成る。

1992年(15才)、12才(小6)の時から3年間模索し続けた無段変速機構のシステムを完成。 後に発案当初のデファレンシャル式から遊星式へ改良。

1994年 5月1日 F1第3戦サンマリノGP決勝、アイルトン・セナ死去。

1991年9月から自宅に引きこもって精神的に外出できずに居たが、1995年4月から外出開始。
きっかけは、悪友Kの知り合いである、スーパーファミコンの「ヒューマングランプリ」で、
自称、埼玉最強を名乗る人物がK宅に来て居るとの事で、其の彼をブチのめしに行ってやったのだった。

1995年、GPX誌クイズRd.5モナコGP編で初入賞にして初優勝、年間総合 全国6位入賞。 目標通り、賞品の翌年GPX誌全号 無料送付Get。

1996年春、初のPC購入。 土井利忠さんの新聞コラムから量子力学の世界を知る。

同年8月末、家から自転車で30分程かかる零細電機企業で初のアルバイト。(今で思うと驚異的な脚力だった!)
PHSおよび携帯電話用の小型トランスを組む仕事を週2〜3回くらいのペースで通うが、1997年 1月末解雇。

2000年 8月、都内でS・Tさん(F1ミナルディチーム幹部を経た後、当時の童夢に所属)と少しお話、
次に童夢CARSのGさんへプレゼンして結構長くお話させて頂いた。
SOHO提案のメールと無段変速機構のプリントファイルはGさん経由でO部長まで届く。

2000年12月頃から過食症発病、人生の致命打と成る。
少しでもカロリー消費 及び 血流悪化抑制の為に 2001年元旦深夜も関係無く自転車で全力疾走。
2001年は長時間の高負荷運動と、レーシングマシンの技術アイデア及びデザイン・スケッチを描く事に終始した。

2003年 9月11日、レンタルKART走行 初体験、1周目から全開。5周目の高速コーナー、オーバーステアで大クラッシュ。

2003年 秋、「F1der」誌 トヨタF1・カラーリング・コンテスト、全国2位入賞。

2003年11月15日、本サイト「得手に帆あげて tw-idea」を立ち上げる。
2004年 1月から、もしかしたら世界最速でのF1ニューマシン分析考察ページを開始。
これはWebにF1新車の写真がupされたら即行ダウンロードし分析考察ページ記述、本サイトで公開。 これが毎年、何年も続く事となる。

2004年 秋の夕夜、自転車で走行中、交差点で車に撥ねられ、5メートル以上 空中を吹っ飛ばされて地面へ大激突。 後に腰骨折と判明。

交通事故から未だ3日後、就活で某F1誌の編集室へ。編集長、副編集長、編集スタッフの計3人と揃ってお話。彼等は、
そんな高度な技術記事は求めていない、技術面を解る人は居ると言われたが、なら何故あんな素人空想記事を発行しているのか全くお話にならず。
確かドイツGP号だったか技術解説のページで、V型10気筒NAエンジンの排気管を5本同じ長さにまとめずに中区間でチョッパして5本から5本直吐いて出力向上とかぬかして、脈動すら知らずに掲載して売って白雉かお前らは。

2005年 7月01日(金)、ネットで調べて見つけた心療内科へ初めて掛かる。抵鬱薬(SSRI)ルボックスを服用開始。

7月上旬頃、本サイトの愛読者様からの御紹介で mixi に加入。

2006年 5月、免許センターにて自動車運転免許を取得。

7月、某ファーストフード店 勤務初日。憶える事沢山で一杯一杯、鬱で記憶力がかなり悪い。
働いている事で自転車漕ぎは出来なくなり、それまでの体重 46kg から徐々に太り出し…

勤務先の店長とマネージャーからの陰湿な嫌がらせが続き、ストレスから2007年 5月、退職。

ネットに馬鹿が多いので、自室にミニ風洞を造り上げて、ミニ四駆で空力ダウンフォースを発生できる事実を映像で証明。(2007. 9.14更新)
ミニ四駆でDFを発生できないのでは無く、ただ空力の素人にミニ四駆でDFを発生させられる空力デザイン能力が無いに過ぎない事を証明。

2008年、アルコール依存症 超深刻化。

9月、某F1チーム首脳陣へ F1日本GP用マシン・カラーリングのご提案 のメール送信、
チームトップから好評価を得て広報担当部署に転送されるも敷居は高く、その後の浜崎とホンダのCM契約締結もあって実現成らず。

2009年 3月、都内で開催のお笑いライブに遊び心から出演、初舞台にして出場20組の中、6位の好成績。

2011年、大人になってミニ四駆復帰。
2014年、58kg台までダイエット成功。ミニ四駆公式大会遠征で貯金を使い果たす。
以後、鬱病だが其れなりにコントロールして暮らし、睡眠障害であまり眠れず、アルコール依存症だが少しは節酒中のつもりが全然節酒でけていない廃人のわし。


本サイト作者が実際に観た有名人,業界人(ミーハー歴)

[ Site TOP ]

サイト筆者の遺言書