「武漢ウイルス下で危険極まりないオリンピック開催」

text by tw 2021/ 7/23金

今(2021)年 7月下旬、東京オリンピックが、筆者はワクチンが世界中へ行き届くまで待ってほしかったが、始まった。
これで、世界中のウイルスの型と人種が、普通なら起こりえない組み合わせで混じる。
恐らく変異が起こるだろうし、強力な悪い型に成るかもしれない。もう既存ワクチンでは対処できない可能性がある。
その新ウイルスは日本国内に間違いなく拡散するだろうし、
海外選手およびスタッフ達も母国へ持ち帰り、その国の入国がザルだったら向こうで拡散してしまう。
誰も一切責任は取らないし、巨大な被害だけが延々と残る可能性がある。

開催側は巨額の収入を得られればそれで良くて、ウイルスなんか全く知らないで済ませる筈だし、
選手達もメダルを獲れればそれで良くて、それが全てで、感染状況の悪化に『加担してる事実』に気付く事はない。

要は開催側の巨額な収入とスポーツ選手の欲望だけで成り立っているイベントなので、
日本国内を始め、世界中の感染状況の悪化は全くどうでも良いと思って居るのが彼等なのだ。

それでいて『平和の祭典』だと言い張るのだから神経を疑う。

今回のこの様子を鑑みて辞退したスポンサーと選手も居られる様子なので、筆者はその方々へは敬意を表する。

海外の意見は筆者は分からないが、日本国内に限って云えば、
後に犠牲者の数が深刻な状況になって初めて事態の大きさに気付くと思うが、それでは手遅れです。
筆者はただシンプルに、『リスクを冒すのを止めませんか? その価値がありますか?』とだけ云っているつもりなのだが、
賛同者はまず居ないだろうし、皆スポーツと大イベントとお祭り事が大好きなのだろうし、人の命などどうでも良いのだろう。
いくら経済を回しても、ウイルスに感染して治らなくて自分の命が終われば全て無意味です。


[Site TOP]