「2017年F1ハイノーズ案」 スケッチ: 2017/10/07〜10/08日/Web公開日: 2017/10/08日

[English language]

筆者は英文が読めない為に、FIAの厳密なテクニカルレギュレーションを知らないで居るが、
現フォースインディアVJM10の鼻の穴ノーズを観るに、ノーズ下への流路の可能性が無い様には無い様に思え、
以下、今回の筆者のアイディアを記す。





ノーズ先端の中央下部はコブのノーズとして、規約のノーズ面積を確保する。
そして、その上方にノーズホールを設ける。これは車体下方へ気流進路を設ける。
これで車体下面へ少しでも多くの気流を供給し、車輌の空力効率(L/D)を向上させる。

車体底面やフロントウイングでは、グランドエフェクト(地上効果)が発生し、空力効率が高まる。
つまり車体底面ではダウンフォースを発生する上での空力効率が優れている為
(少ない空気抵抗で多くのダウンフォースを発生する)、
ノーズ先端を高くする事で、車体下方への空気の流量を増し、空力性能を向上させるアイディアである。

尚、このページおよび本Webサイトの全てのページを含む技術的アイデアのコピーは、実際に走行した場合に有料となります。
料金の詳細につきましては、Eメールにて、

twidea.charly87.shilonyan03@gmail.com

までお問い合わせください。

[Site TOP]  [twアイディア]